「ほっ」と。キャンペーン

Revolver The Movie

遂に!出ました。
『Revolver The Movie "20111126@Battle-Stage』
f0129466_18241330.jpg

へい、完全限定でございます。
自分としても、オーディエンスのみなさんと共に楽しむステージの記録ができたのは
とても嬉しいです。
そりゃね、映像作品ですし、演奏してんのがライブだから、ミストーンとか激しいのがあってやり直したいところや出したくないところは個々たくさんありましょう。
でも、これが"鮫"なんだ!という作品である事は間違いないし、誇れる作品になりました。
是非とも楽しんでいただきたいです。。。
感想も、伺えたらうれしいなぁ…
[PR]

# by dai-nichan | 2012-04-01 18:38

麻生さんが

60秒CMを作ってくれました!!いよいよですね。
あぁぁ頑張らないと!!
[PR]

# by dai-nichan | 2012-03-01 03:49

動き始めています。

こんなに長い間ここをほったらかしにしたことが過去にあったでしょうか…
すみませんです。
ただ、動いております。

間もなく発売となる鮫のライブDVD、ただいま絶賛編集中であります。
f0129466_22471265.jpg

音の編集も佳境です。
あのお方のあんな声やこんな声もちゃんと入ってますね。

お楽しみに!!
[PR]

# by dai-nichan | 2012-02-18 22:49

ワンマン@BATTLE-STAGE

昨日はワンマンライブでした。
来て頂いた皆さん、本当にありがとうございました!また、念を送っていただいたみなさんもありがとうございました。

僕らが今出来る最高のステージになったと思います。

知っている方も多くおられると思いますが、鮫には『鮫部』というファンクラブが存在してまして、
今回のワンマンライブはこの鮫部の存在も大きく影響しました。というか、独自の計画をもって我々を最大限サポートしてくれました。本当に嬉しかったし、助かりました。ありがとうございました。
f0129466_0162126.jpg
この花…もはやモニュメントと化してますが、鮫がリリースしてきた6枚の『Revolver』が埋め込まれていて…説明するのが野暮ですね、インパクト絶大です。

そしてライブの内容ですけどね、全体の時間は長かったのかもしれませんが、本当に集中した2時間でした。
準備もいつもより時間をかけて念入りに出来ました。
f0129466_026033.jpg

f0129466_0243680.jpg

f0129466_0244754.jpg


あ、ギターアンプは少し煽りました。

f0129466_0254655.jpg


けんちゃんのセットも豪華なフルセット、オイラはワイヤレスで挑んだステージ、暴れまくったなぁ。

今回のセットリスト、今年最後という事もあって出来る限りを演奏しました。


■DVD
SE~"COMPLETE" Synphonic version"
1. ダンゴ虫
2. パルス
3. サンダーヘッド
4. ヘラクレス
5. ペダル

6. 宣言
7. 鼓動

8. TRIAL
9. Speedrop

10. backbone

11. アタラシイクツデ
12. ホームラン

13. パパヶ丘

14. タイムカプセル

15. ROCK NATURE
16. マスキング

17. リボルバー

E.C.
1. HIKARI~輝く未来へ~
2. ピンポンダッシュ・ヒーロー
3. ANSWER
4. Complete

f0129466_036132.jpg


この写真は…実は今回のライブの模様がDVD化される事が決定!しまして。なんとBATTLE史上初という8台ものカメラが入っての超本格的な映像作品としてリリースされます。その監督が撮ったライブの模様です。
DVDも是非ゲットして下さいね!なんせこれから編集ですから(音はオイラがミックス)、詳しいリリース日はまだ決定してません。60分のテープが合計25本あるらしいのでオフライン作るまでにもめちゃくちゃ時間が必要ですから…



カラダが悲鳴をあげつつあります。
今日はゆっくりしよっかなぁ。




みなさん、本当にありがとうございました。
[PR]

# by dai-nichan | 2011-11-28 00:42

あと3日。

間もなくですね。ワンマンライブ。
いっつも自分の事を後回しにしがちだったので、今回は絶対に自分のサウンドを極めてからステージに立ちたいって気持ちが強くありまして。
夜な夜なラックの内容ごとアップデートでございます。
今はなんと防音室付きの部屋がございますから、比較的夜でも音作りが出来るもんですから、
f0129466_334495.jpg
マーシャルにちゃんと繋いで音作り出来ます。これはありがたい。このマーシャル、ハンドメイドのアンプでして、同じものは存在しません。オイラのギターの音は、自分のギター本体とこのアンプだけで作った音が基本です。
というか、ギターとアンプで先ず音を作ってからいろんな機材に手を出さないといい音は作れないと思います。
このアンプ、ハンドメイドだけに外見は古いマーシャルのケースですが中身はとても綺麗に配線されています。
見せたいくらい、芸術的に太い配線が理路整然と並んでいます。
今度機会があったらアップしますね。
それに対してスピーカーは古い。調べてみるとだいたい1973年辺りの製造のようでして。オイラとほぼ同い年なのですが…ビジュアルがなんとも…
f0129466_3421288.jpg
くたびれはてとります。オイラもこんな風に見えてんのかなぁ…
さて、この素晴らしいアンプとギターで音の基礎を作ったら、いよいよラックの内容の見直しでございます。
オーヴァードライヴは何にしようかと色々悩みました。
f0129466_345155.jpg
BOSSのDS-1。悪くないんですけど、やっぱり低音が居なくなる気がしますから今回も選抜から外れてしまいました。単体の音は好きなんですけどね…
ファズってのもアリだなぁ…オイラの友人が持っていたピート・コーニッシュのファズペダルが凄く良かったからなぁ…って事でそんなにいいもんは持っておる訳もなく、エイドリアン・ブリューみたいな事をやりたくて持っていたファズペダル
f0129466_3543998.jpg
エレハモのLittle Big Muff。でもやっぱしファズはオイラのプレイには向かないというか、難しいですな~。個性的な音や効果的な使い方なら出来るんですけど、スイッチングシステムの都合もあってやっぱしこれも外れました。結局ラックに収まっているのは今までと同じ
f0129466_3583010.jpg
ランドグラフのDOD。ソロ用にXoticのEPブースター。なかなかここから離れられませんが、今回はラックのエフェクターを増やして新たなチューブドライブも設定しましたから、今までと比べるとかなり音の幅が広がりました。
結局オイラのラックは…
f0129466_421018.jpg
こんな感じになりました。
一番上が新たなプリアンプとして大活躍しそうなDigitechの2120。プリアンプとしてだけでなく、色んな設定をしましたよ。二段目にはチューナー、三段目にW/Lとリバースゲートの為のYAMAHA EMP100。四段目にRANEのグライコ、そしてモジュレーションとして大活躍しているRoland GP-8。これらをスイッチングシステムとMIDIでコントロールします。音は正直かなり良くなったと思います。
ギターからアンプまでの流れは…
ギター→W/L→アナログディレイ→ワウペダル→ランドグラフDOD→2120→GP-8→EMP100、EP Booster→グライコ→アンプ
となっています。
ね、久しぶりに書いてもやっぱりマニアックです。

ライブでの新しいギターサウンド、お楽しみに!!
[PR]

# by dai-nichan | 2011-11-23 04:17

小川では

f0129466_16455574.jpg

芦田愛菜ちゃんの横に鮫がおるわけですな
[PR]

# by dai-nichan | 2011-11-20 16:45

終了〜

f0129466_1622228.jpg

部員のみなさんもかなり来て下さったし、盛り上がったなぁ〜
[PR]

# by dai-nichan | 2011-11-20 16:22

ステージは…

f0129466_14375877.jpg

赤いカーペットが敷かれた、プチクリスマス仕様とでも言いますか、有り難いセットです。
[PR]

# by dai-nichan | 2011-11-20 14:37

お久しぶりのアップです。

f0129466_13464469.jpg

フェイスブックばっかししよって、こっちが間遠になっちょりましたが…

今日はイオンモール宇城でインストアライブです〜o(^-^)o
[PR]

# by dai-nichan | 2011-11-20 13:46

リボルバーピック

f0129466_0133016.jpg

出来ました〜(^o^)/
[PR]

# by dai-nichan | 2011-11-11 00:13

Revolverシリーズを振り返る、のですが。

ここがまた放置気味でして。すみません。
なにせねぇ、もうワンマン前のなんだかワクワクバタバタ準備なんですね。

さて、Revolverを、前回のTYPE ZEROの時のように1曲ずつ紐解いていこうかとずっと考えていたんですけどね。今回長いスパンによるリリースだったですから、正直詳しく書く十分な記憶がございません。それでもなんとか・・・って考えていたらすっかりここを放置するハメになっていたのでした。

先ず振り返る上でこれだけは言えます。

『全てが進化し続けて来た』って事。

これはタケルの歌はもちろん、歌詞の表現方法、マイクに向かって歌う技術、曲作り、アレンジ、細かいドラミング、ドラムに立てたマイクの位置に対する叩く強さ、ギターやベースの音の作り方、プレイヤーとしての技術、レコーディング技術、ミックスの技術、マスタリングの技術。

これらを01〜06にかけてじっくり成長出来たと思います。
そして今はその最高地点にいます。が、ここが最終地点ではございません。
ワンマンライブに向けて、更に様々な部分でグレードアップしていきます。
11/26は、その時点での最高をお届けするのです。

今回の6枚、例えば1枚のCDにまとめたりipodなどの携帯プレイヤーに入れてランダム再生してみたら、別のアーティスト同士をランダム再生しているかのように音像が違う事でしょう。
とはいえ、01と06を比べたら断然06の方が良い、という事ではありません。
どれが良いって事ではなくて、我々が成長したって事です。

もっと詳しく書きたいですけど、それはワンマンライブの後でもいいかなぁ・・そんな事言ってたらついに書かないまんま時が過ぎてしまうのかなぁ・・・

さぁ今夜もワンマンライブに向けた、レコーディングをします。
これはオイラだけの作業でして、他のメンバーは他のメンバーでそれぞれ準備があります。
今レコーディングしているのは・・・内緒にしときます。
[PR]

# by dai-nichan | 2011-11-03 21:16

自宅スタジオ設営中。

昨日は楽しい事がございました。
ネタはこれ。

http://youtu.be/mMvJgGbdI6U

あるステージで、オイラにギターの楽しさを教えてくれたイイムといつも鮫のステージを応援しにきてくれている元"有機生命体"のギタリスト/ケイくんとオイラの3人でBOOWYの、あるいは布袋さんバージョンといいますか、何バージョンかわかりませんがあの『BAD FEELING』を演奏した動画がありまして。
それを昨日、ケイくんがTwitterで直接布袋さんにアピールしたところ、布袋さんから"いいぞ!最高ー!"とのお言葉を頂戴したのであります。
でかしたケイくん!

さて、自宅スタジオですが。
やっと環境が整ってまいりました。
以前の記事で卵の中敷をと書いていた防音室。かなり音がデッドな部屋になりました!
f0129466_1234996.jpg
なんか昔のスタジオっぽいですな。手前の"学校の机"も歌詞のチェックや書き物に便利です。
ギターの録音はアコースティックの場合はここで弾いて録音しますが、エレキギターの場合はアンプをこの部屋に置いて、隣の部屋で弾く事が出来ます。
f0129466_12371886.jpg
これらに繋がったケーブルが隣の部屋に繋がっていまして。
実際は
f0129466_12383528.jpg
こちらの部屋でプレイします。実際試してみましたがちょっとレーテンシーを感じます。インターフェースかなぁ・・・

何れにしても!間もなく完成です。
なんか制作意欲が増します。

最近登場させてませんでしたが、散髪したので久しぶりに。
f0129466_12435233.jpg
なんだかやたら吠えまくるようになって大変。慶徳二郎さんみたいな頭ですが、オイラ的にはアフロヘアー狙いですから。
誰より元気です。
[PR]

# by dai-nichan | 2011-10-27 12:50

ちょいと時間が経ってしまいましたが

今回はバタバタしました。
おかげさまで写真もほぼ撮れずじまいでしたので、アップが送れました。

いやぁ天草!
熱い夜になりました。昼のTSUTAYA天草店でのアコースティックからの盛り上がりを
夜でMAXにしちゃいましたね。

前回の阿蘇も昼間アコースティック、夜はエレクトリックの2連続ステージでしたが、
今回の天草が特にバタバタしてしまったのが、夜の部においてエレクトリックドラムを使った
事でした。
ビアレストランの店舗でのライブですから、音量調節の利かない本物のドラムセット
だとケンイチロウせんせのプレイにストレスが出ます。
あの広さにはあの広さに合った音量があります。やみくもに爆音にしても五月蝿いだけですし、
音楽的ではなくなりますから、エレクトリックドラムの存在は非常に大事です。
オイラのギターアンプも小さいものを使いましたし。
それでも音圧や迫力を感じられたのは、タケルが目一杯歌ったからであろうし、あの場所で再現出来る最適な音量で出来たから。
ライブハウスには遠く及ばない音量でしたけど、燃えたな〜〜〜!!
そしてお客さんもみなさん熱く温かい方ばかりで、繋がった感がすごくありました。

来てくださったみなさん、本当にありがとうございました。




今回は写真なしです、すみません。
[PR]

# by dai-nichan | 2011-10-25 14:40

TSUTAYA天草

f0129466_13264460.jpg

インストアライブです〜
[PR]

# by dai-nichan | 2011-10-22 13:26

リハ

f0129466_1721445.jpg

f0129466_17214464.jpg

天草用のセット。
コンパクトなアンプで。

いつもとは少し音が違います。でも一応ちゃんと真空管、クラスAの出力。
アッテネーター付きですねん。便利や〜
[PR]

# by dai-nichan | 2011-10-18 17:21

更に…

夜中に作業してますから、少しずつです。
f0129466_3131674.jpg


まだ、配線していません。

ってところで、早くここで仕事が出来る環境にせねば!な仕事が入ってきましてん。
マズイ!急がねば~~
[PR]

# by dai-nichan | 2011-10-07 03:14

Marudai RECords o-5

さっき地震がございました。
震度5強だそうです、熊本県の菊池の方。
我が家近辺は震度3だったので大丈夫ですが、菊池方面の方は大丈夫でしょうか?
規模は大きくはなかったみたいですが、震源の深さが浅かったので強く揺れたようです。

さて、プライベートスタジオのリニューアルに伴ってプロジェクト名とロゴも少しだけリニューアル♪
f0129466_475541.jpg
"マルダイレコーズ・オーファイブ"としました。より一層ベストな音を目指して頑張りますのでよろしくお願いいたします。

明け渡し時点での防音室は
f0129466_4112133.jpg
このような感じ。綺麗なんですけど、壁が硬くて残響がぶわんぶわんです。

ですんで、
f0129466_4123398.jpg
箱買い用の卵の中敷きを使って吸音材の代用としまして、壁に貼っていきます。
まだ途中の段階ですけど…
f0129466_4143979.jpg
こんな感じにしました。照明も、蛍光灯がついていたんですけど、白熱球に換えました。スイッチも換えて、調光タイプのフェーダースイッチにしてあります。
これはノイズ対策も含め、歌録りなんかの時に気分を高めたり雰囲気を少しでも作れるようにする為です。

それからコントロールルームになる部屋。
f0129466_421583.jpg
ミキサーやパソコンのモニターなんかを置くための机を置きました。
f0129466_4222370.jpg

まだ何も配線関係を進めていませんのでなんとなくの雰囲気ですけどね、なんとなく出来てきつつあるような、そんな感じです。

しかし、また持ってきてしまいました、関係ないモノ…
f0129466_425441.jpg
これ、一時期は必ず鮫ライブの物販コーナーに飾ってあったものです。タケルがこれに乗って登場した事もありました、ハイ、充電してちゃんと動くのです。
こういったものを飾ると、サトウダイな世界が色濃く出ます。。。と思います。

今後は電源のアンペアを上げて機材を入れ込みます。
配線が大変だろうなぁ…
[PR]

# by dai-nichan | 2011-10-06 04:29

今日は

f0129466_107182.jpg

二胡の演奏のバックでシンセとガットギター弾きます〜


昨日KKウィング来て下さったみなさま、有り難うございました!
[PR]

# by dai-nichan | 2011-10-02 10:07

Revolver、完結編。

日付変わって、本日発売です。
f0129466_1182159.jpg
タイトルチューン『リボルバー』が収録されております。そして誰にも未知の『COMPLETE』が入っています。
シリーズ最後の1枚、是非買って聴いてください!!
僕らの仕掛けも楽しんでください。仕掛けはまだまだあるんですからね!

そして同日。KKウィングにてミニミニなアコースティックライブをします!!
これにすら充分な仕掛けをしてますから、是非遊びに来てください。
オイラ自身がめちゃくちゃ楽しんじゃってますから。

さて、わたくしの近況。
先日アメリカの友人(オイラにギターを教えてくれた親友)が帰ってきましてですね。
彼の実家…今は空き家状態になっているところに、なんとオイラが住む事になりました。
築40年にもなろうかというその家、2階部分に防音室があってまさに音楽を生業とするオイラにうってつけの造りになっとるわけでございます。
f0129466_1472515.jpg
しかも図の赤い部分のように、Control Roomと防音室に細いパイプが通してあって、ケーブルなんかを渡せるようになっていますから、音の大きな楽器なんかを防音室で鳴らして、録音のコントロールを隣の部屋で出来てしまうのです。素晴らしい。
早速ちょっとずつ…日ごろ使っていないものから徐々にじわ~っと運び始めまして。
f0129466_1533568.jpg
友人が置いていったアコースティックギターがぶら下がってますが、ここに…
f0129466_154244.jpg
キーボードスタンドとキーボードを。
これだけでなんとなく音楽やる感じになりますね。
防音室にも、そこで使うだろう機材を置いてみまして。。。
f0129466_156380.jpg
これも友人が置いていったギター用のマルチエフェクターと、レコーディングの時のヘッドフォンモニター用のプリアンプ。

上の間取り図の"Control Room"側にあるへこんだ部分は
f0129466_159971.jpg
これも友人が置いていったエレキギター。

……と、他にはあまり持って来るものも無く……
f0129466_201117.jpg
こんなのやら
f0129466_203137.jpg
こんなんばっか持って来てしまいまして。。。
飾る場所も今んとこ無いもんですから…とりあえず置いてある本棚に片付けときます。
f0129466_225179.jpg

いえ、仮置きですよ。しかし…
f0129466_234074.jpg
う~ん…
f0129466_24772.jpg
き…気持ちイイ。
f0129466_24518.jpg
MP-5の重ね置きって贅沢ですね、気持ちイイです。

いかん、ちゃんと音楽の部屋にしますよ!!
部屋の響きに先ずは慣れなきゃです。
スタジオ造り、ちょいとしたリフォームなど随時アップして行けたらと思います。
お楽しみに!

おっと!もうこんな時間。。。KKに備えて寝ます!
みんな集まれ~~~!!!
[PR]

# by dai-nichan | 2011-10-01 02:09

ストロングボス終了。

f0129466_224229.jpg

心地よい疲労感…
なんだか単純に楽しめちゃいました。
意外に力が入りすぎず、いい感じだったんじゃないかなぁ。

とにかく、お世話になりました。
[PR]

# by dai-nichan | 2011-09-25 22:42

ストロングボス

f0129466_186086.jpg

リハ終了〜。

爆音であります。
[PR]

# by dai-nichan | 2011-09-25 18:06

ヒバリカフェ終了

f0129466_16305320.jpg

アコースティック、しかも完全に生…ていうかマイクも使わずのライブでした。
リズムをとる足踏みも演奏の一部って感じでとっても(良い意味で)生々しいステージになりました。

さて次。
ストロングボスでエレクトリックです。
マーシャルをガツンと鳴らします。
[PR]

# by dai-nichan | 2011-09-25 16:30

あそーさん

f0129466_13463162.jpg

大盛況ですね
[PR]

# by dai-nichan | 2011-09-25 13:46

阿蘇。

f0129466_11393286.jpg

混んでます。
なんか、はやる心をセーブされているかのようであります。

ウズウズする。
[PR]

# by dai-nichan | 2011-09-25 11:39

鮫ックス。

実にムズムズしましたよ、正直。観たかったというのはもちろんですし、
やはりステージに立ちたかったですもん。

結局耳を使わずに生きていくなんて、今の自分からは想像つきませんし、そんな覚悟は簡単ではない。

だから出来るだけ無理のないように、用心してきてました。

そんな中でも昨夜は寝不足でございまして、ふと一息つこうとボ~ッとミヤネ屋なんか観てまして。
ついついウトウトとしてしまったのですね。
携帯の着信音で気付いた時は16:30くらいだったでしょうか…

…耳に違和感がございます。

ん?

治った~~~っ!!!


うんうん、よ~く聞こえる!
そうか、ワタクシは今までこんなに耳が良くて、そして悪くなっていたんだ!

はぁぁぁ聞こえる。率直に、嬉しいです。

そしてご心配くださったたくさんのみなさま、ありがとうございました!もう大丈夫です。
f0129466_18501756.jpg
早くステージに戻れますよう、今一度用心して…聞きます。。



さて話は変わりまして、音楽とは全く関係のないハナシなんですけど。

ここに1丁のトイガン(おもちゃのピストル)がございます。
f0129466_18563155.jpg
これはコクサイというメーカーが恐らくは80年代に販売していたCOLT GOVERMENT(以下"ガバ")です。
自らのCDに"Revolver"って付けといてオートのピストルをアップするなんて…とも思いましたが、今日は特別です。
このコクサイのガバ、グリップのところはメダリオンが無くなってしまっていますし、
f0129466_19481564.jpg
スライドの裏側んとこは欠けちゃってるし、そもそも本物のガバと比べるとちょっとだけ太っていて野暮ったい上、このガバはすでにおもちゃとしての機能すら失ってしまっている、まぁ普通の人からすればきっと"要らない"ものかもしれません。
が、これは実は先日手に入れたオイラの新しいコレクション…というか宝物です。

実は、オイラが中学生の時から足しげく通っていたガンショップ"LITTLE-JOHN"が
f0129466_2072526.jpg
11日をもって店舗を閉鎖されるというメールをいただきまして、閉店してしまう前にご挨拶に行かなくては!と思っていたのでした。
鮫が『Revolver』のシリーズを発売する前にも、今一度拳銃に関するスキルを上げようと相談に行ったのもここでした。
それで、何かを買うという予定もありませんでしたけど、とにかくお話を伺いに行ったのです。
すでにショウウィンドウも写真のように空になっており、残った商品もパーツ類を残してほぼ完売されていて、マスターもそそくさと閉店準備をされていました。
自分が中学生時代から来ていたこと、ここのお店で売っていただいたモデルガンやエアガンの事、発売禁止になって回収になったトイガンを実は自分が持っていて、それをここへ持って来て当時北警察署にいた鮫島さんといういかにもな名前の刑事さんを紹介していただいた事など、懐かしい話に花を咲かせました。

そして帰り際、目に止まったのが中学生の時からずっとショウウィンドウに飾られていた一丁のピストル。
マスターは、『どうせ捨てるだけだから、持ってっていいよ』と言ってくれたのがこのガバなのです。
ずっと背中向きに飾られていて見る事の出来なかった銃後部、一昔前のおもちゃですがオイラは迫力を感じます。
f0129466_20195569.jpg
初めて見た銃後部、錆びてました。いい雰囲気です。

ほらね、そんな背景があるだけで素晴らしいモノにみえませんか?
f0129466_2021619.jpg


結局、話はまたそこから長くなってしまい、オイラがガキの頃から憧れていたショウウィンドウの中の壊れたトイガン達をほぼ全て持ち帰る事になったのでした。
f0129466_20223188.jpg


"LITTLE-JOHN"とそのマスター、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。
マスターはこう言ってくれました。
『またチャンスを見計らって出店できることになったら、お知らせするよ。』

是非でございます。

あ、お店はなくなりますけどね、個人でカスタムとかメインテナンスなんかは受けるそうですから、ここユーザーの方はお問い合わせしてみるといいかもです。


寂しいなぁ。



でも耳が治ったのでテンションは高めです。。
[PR]

# by dai-nichan | 2011-09-09 20:27

あっ!!

9/2になってしまいましたね。
早いものでございます。遂に…オイラ個人的に思い入れのある1枚がリリースです。
f0129466_11203358.jpg

Revolver_05。
収録曲は

『ダンゴ虫』



『ペダル』

FMKで鮫の特番!というなんとも奇跡的な嬉しいお話をいただいてから、はて番組のタイトルは?とかジングルやBGMは?など、自分が出来るお手伝いは何かないものかと考えておりました。
番組のコンセプトがとても明確でしたから、ジングルなどもこれから発表されていくであろう新しい鮫の音源にまつわる音楽をという事で出たアイディアが、『番組を聴いて下さっている方だけに解る音楽的仕掛け』でした。
そしてその頃出来上がっていた新曲が『ダンゴ虫』だったのです。
早いビートも然る事乍ら、タケルが書いた歌詞の内容がすごく良くて、番組の内容や鮫の姿勢にも通じるものだと思い、あっけなくというか熟慮の余地無し感じでほぼ勝手に番組のオープニングを決めて提出しました。
番組のあのオープニングは、鮫の今回の新曲『ダンゴ虫』だったのです。
そう、まさに番組を聴いていただいていたみなさまだけに解るサプライズでございました。

で、内容的な話を少し。

"シングルならでは"という自由なステージは、オイラのアレンジ魂をビンビン刺激するものでございます。
鮫なのに、なんだったらギターを弾かなくてもいいってくらい自由な感じです。
『ダンゴ虫』もそんな1つです。
ギターは弾いてますけどね、ライブでの再現は基本的に不可能な音とかを全く考慮せずに"思いつくまんま"重ねていきました。そして"必要のない音"があればそれを削っていくという作業。
8ビートを強調するために取った方法は、リズムの打ち込みです。
ドラムを完全に打ち込み音にし、ベースもシンセベース。カチカチのビートで…90年代サウンド狙いですかね。。
僕ら世代には少し懐かしい、若い人たちには逆に新しい音かもしれません、是非聴いてみてください。

そして2曲目の『ペダル』。
"甲州街道"というキーワードがございますが、これは言うまでも無く国道20号の事です。
オイラが仕事などで国道20号を使う時は、基本的にクルマです。大きな国道ですからね。
上には首都高速が通っていますから、歩くとなんとなくジメッとしているもんです。
そこを自転車で爆走する主人公。
熊本県民な感覚でいいますと、東バイパス?3号線?あたりを自転車で走るイメージでしょうか。。
大人になってクルマばっかり乗ってると、この感覚が少し遠くなりますね。
この曲は鮫の初期の曲です。
メンバーにキーボードが居た時代の。印象的なピアノのフレーズは当時と同じ。
ギターとベースのリフをファンキーしアレンジし直しました。
そしてエンディング。メッセージもあります。
そして実はそのバック入っているアコーディオンとエレピが曲の匂い、メッセージの色を演出する重要なファクターになっています。
どんどん早くなりますし。
是非ともゲットして聴いてください。。


ところで耳は…
少し良くなっているのではないかと思います。
比較的楽観です。
なんといっても処置が早かったのが良かったみたいですし。
f0129466_1213556.jpg

[PR]

# by dai-nichan | 2011-09-02 12:14

耳。

大変申し訳ございません。

まさか自分が原因でライブを飛ばしてしまうとは、夢にも思っていませんでした。

悔しくて悔しくて、たまりません。
中止の決定からすでに沢山の暖かいメッセージをいただきました。

ありがとうございます。

数日前から、MIX作業中に集中力が途絶えたり、低音のバランスがうまく判断できなかったりしたので、
単なる疲れかなぁと思いながら、スピーカーの位置を変えたりして対応していました。
ところが急に右の耳だけ変になりまして。
いろんな検査の末、出た結果が『突発性難聴』。

普段薬も飲まない、病院嫌い、病気らしい病気にもかからない私が。

今は自宅で療養中です。
まぁ信じられないくらい沢山の薬を処方されました。

でも、耳以外はすごく元気ですし、すぐにでも復活しそうな、そんな感じです。
ただ、その耳が…これはもう、自分1人の耳ではなくなっていますから、無責任な行動は取れません。
だから、休ませていただきます。

復活したら、最強のサトウダイでみなさまをお迎えしたいと思っています。

それまでしばらく、お待ちください。
またこのブログは、経過報告も含め、いつものペース程は行かないかもしれませんがアップしてまいります。

これからも宜しくお願いいたします。。
f0129466_23504877.jpg


鮫 Guitar/ダイ兄ちゃん・サトウダイ
[PR]

# by dai-nichan | 2011-08-17 23:52

コーヒー。

昨日の『鮫Radio』、ご観覧くださったみなさま、ありがとうございました。
喋りはやっぱ下手です。
微妙に疲れ方が違いましたもん。

いずれにせよ、ライブとCD発売をお楽しみに!

さて今日は仕事をしながら、ライブの準備などしながら…
ギターをいじります。

Epiphoneのレスポールスペシャルをいじります。
f0129466_2385564.jpg
手に入れた時既にボディの一部に削ったところがありましたし、なんせ可愛すぎる黄色っぷりですからね、ちょっと気になっていまして。

どうしようかと悩んだあげく、"レリック仕様"にする事にしました。

まぁ簡単に言うと、古いギターのような傷を入れる事なんですけどね。
ジーンズでも"ダメージ仕様"ってのがあるじゃないですか?そんなやつです。
とはいえ、簡単にキズ付けるだけではダメで…風格が出なきゃいけませんで。

で、ギターを長く弾いてると同じところが削れていきますから、そんな自然な傷にずべくサンドペーパーやらヤスリやらを使って傷を付けていきます。
f0129466_244590.jpg
カッターで"塗装がひび割れた"ような傷を付けてみます。
f0129466_245412.jpg
写真じゃ判りにくいんですけどね、わりとそれっぽいクラックを入れられました。
ボディのエッジ部分もヤスリなんかでゴシゴシして木肌が出てくるようにしまして。

って、ここでコーヒータイム。
f0129466_2472382.jpg
このコーヒー、飲むだけではございませんで…
f0129466_248146.jpg
カッターで入れた傷をこっそりアピールする為のインクとして使うのです。

いかがでしょうか?少しは傷が見えてきましたかね…
f0129466_2505480.jpg
それから淵に付くであろう傷もつくりましてね。

作り込まずともとても良い音が出ます。

さて、どうですかね?ちょっとは古いギターに見えてきましたか?
f0129466_253499.jpg
手が当たりそうなところを一生懸命ヤスリで削りました。


やばいです、寝ます。
[PR]

# by dai-nichan | 2011-08-16 02:55

MIX作業。

先ほど、メンバーのチェックを除いて全てのMIX作業を終えたようでございます。

なんだか気付けば、耳を酷使しすぎたのか、ぼやんとしてます。
が、みんなが喜んでくれるような音源になったと思いますよ!
みんな、よく頑張った。少ない時間で、ドラムを叩ききったケンイチロウせんせ。
ベストな環境とは言い難いシステムで歌いきったタケル。

一先ず、ご苦労様でした。

オイラの耳も、ね。

他の誰より鮫の楽曲を耳にしますからね、だんだんどれが正しいのかも判らんようになってきます。
で、どうしても低音のバランスがよく判らなくなってきまして、最後の最後になって作業環境の模様替えというか、配置換えをしました。スピーカーの後ろに、やっぱ壁が欲しくなりまして。まぁ適正な位置にスピーカーを配置しなければ、壁は音の溜まり場になってしまうのでとても慎重に場所決めをしなくてはなりませんが。

それではですね、今回のシリーズのMIX作業の大半をこなしたMARUDAI RecORDSの最新の環境をご紹介いたします。ホント必要なもの以外無いってくらいシンプルですけどね。
f0129466_414410.jpg

番号を打ったので順番にご紹介いたします。

①TANNOYのスピーカー
②AURATONEのスピーカー
…基本のバランスを②のスピーカーでとって、リスニングスピーカーの①でチェック、という感じの作業です。

③本当は88鍵のものが欲しいんですけど、76鍵のもので今は我慢してます、Rolandのマスターキーボード、A-33。
④メインマシン。MICROSOFT WINDOWS XP、Intel Core2 Quad CPU 5.50GHz、2.50GHz 3.49GB RAM。よくわかりません。
⑤モニター画面です。
⑥キーボードはコンパクトな10キー付きのノートタイプ。Ctrlボタンが右手側に無いのが不満点。
⑦もう見なくなったトラックボール。ロジクール製。
⑧オーディオインターフェースはM-AUDIO。
⑨置き場に困って机の下に追いやってしまったミキサー、YAMAHA 01v。EQとかいじりにくい。
⑩AVアンプもYAMAHAでA-6aという古いモデル。時々調子を崩します。
⑪ライブでも使っているアナログのディレイ。曲のブレイクなどでキョキョキョキョキョキョってなるやつ。
⑫ギター用のものですけど、ベースに使います。MXRのdyna comp。
⑬疲れないモニターヘッドフォンを探していまして。Audio-technicaのATH A-500。
⑭現在はサブのヘッドフォン、SENNHEISERのeH2770。
⑮楽器やオイラのコーラスを録ったマイクは中国製の怪しいコンデンサーマイク。MXL V63M。ハコにMarshallとか書いてあるし、さすが中国!音は悪くない。
⑯今回のレコーディングでお亡くなりになったコンデンサーマイク、NOVA。
⑰楽器の音を録ったSHURE SM57。
⑱音作りやミックスのガイドにしているCD達。
⑲Snap-on TOOLSの赤いTOOL BOXはお気に入りの筆箱です。
⑳請求書からレアな楽譜までいろいろ入っています。

と、まぁこんな感じのところでMIXを始め色んなデザインものやこのブログもやっています。

さてと。今日はもう4:00を回ってますから、軽くMJの音源でも聴きながらこっそり1杯やるとします。
[PR]

# by dai-nichan | 2011-08-14 04:45

Revolverシリーズ。

本日をもって、6ヶ月連続リリースの『Revolverシリーズ』の録音が全て(いや、ギターは足す可能性有り)終了いたしました。

本日は"06"の歌録り。

いつもながら手作り感満載のシチュエーションでの録音でございます。
f0129466_2222710.jpg
コントロールルームとヴォーカルブースに垣根の無いこの環境、タケルくんが歌を録音している間は黙ってなきゃいけません。
まぁ最も真剣に歌を聴いていますから、おしゃべりなんぞする余裕などありませんけどね。

えぇと…スマホや携帯の方にお断りしておきますね。

今日のブログは写真のオンパレードになりますから、重いです。

話の続き。
実はこのシリーズの録音に突入してから、長年愛用してきた録音用のコンデンサマイクくんがお亡くなりになりました。
f0129466_22401025.jpg
むちゃくちゃいいモノという訳ではありませんでしたが、このマイクの特性になれていましたから、ちょっと残念です。
このマイクで、歌だけではなくいろんな楽器や環境の音を録ってきました。

これに変わって今回から使ったマイクはこれです。
f0129466_22443527.jpg
SEIDEの"ボール"っていうマイクです。

なんと、このボールの部分を取り替えると、
f0129466_22455365.jpg
アコギなどの生楽器の録音もバッチリなのであります。

このマイクを本日の歌の録音の時にはこういう風に立ててみました。
f0129466_2248357.jpg

はい、横向き。

音質も若干変わりましたが、良くなったと思います。今夜からまた怒涛のMIX作業が始まりますので…
今日のブログは今回『Revolverシリーズ』の録音やミックスで使った機材やパソコンのソフトを掻い摘んでご紹介していきますよ!
何が言いたいって、タイトなスケジュールだからと言って一切妥協はしていない!というか、こんだけのもんを駆使してんだぞ的な事も言いたくてですね。
解る人も、解らない人も読んで行くうちに何かが伝わればいいかなと思いまして。
だだ~っと怒涛の写真集だコノヤロー!

録音に使ったマイクは上の写真のもの以外にもありまして。
f0129466_2311978.jpg
SHURE SM57。
ダイナミックマイクの代表選手ですな。ちょっとした生楽器を効果的に使う時にあえてこれを使います。
それからこれ。
f0129466_2333248.jpg
これはサスペンション付きのコンデンサーマイク。高音域のヌケが良いので、アコースティックギターの録音にはこのマイクも使いました。
さて、どんどんいきますよ。
これまでヘッドフォン以外のミックス用のスタジオモニターと言えば
f0129466_2373462.jpg
EVENTの20/20というパワードのスピーカーを使っておりました。これに新たな仲間を追加。色んなシチュエーションでチェックするという意味もありますが、聞きたい帯域がいろいろあって、正直20/20だけでは聞き取れずの部分がありましたし。
大まかな全体のバランスを聞く時に使うのが
f0129466_2311339.jpg
AURATONEというアメリカのスピーカー。上から下までよく聞こえます。

それから、ボトム感をよく聞く為の新たなメインといいますかね…
f0129466_23153772.jpg
TANNOYのスピーカー。
リスニング用のスピーカーですとTANNOYと言えば200万円以上するモノもありますが、まさかオイラがそんな高級なモノを持っている筈もなく、これはマレーシア製の安いスピーカーですが、とても気持ちの良い音が出ます。高音域がシャリシャリせず、ジャズやクラシックを聴くと気持ち良いです。
個人的にはスティーリー・ダンなんかがTANNOYで聞くと良いと思います。

で、これらを作業用机に乗せますとですね…
f0129466_2320144.jpg
かなりの圧迫感ですが、仕方ありません。

さて、録音に使用するミキサーですが、以前紹介したことのある、これも定番中の定番ミキサー。
f0129466_23224219.jpg
YAMAHAの01v。
マイクの入力なども、実は直で使ってます。内蔵のコンプも品の良い感じにかかってくれます。
このミキサーからアンプに行くのですが、行った先のアンプもまたYAMAHAですからね、なんとなく安心感があります。

全体のハードウェアはこれくらいにしまして、今回使ったソフトシンセを写真でツルっとご紹介します。

f0129466_23262525.jpg
16chのマルチティンバーシンセ。ほぼクリック用としてしか使っていませんが、もはやなきゃ困る存在となりました。

f0129466_23274078.jpg
オイラが使っているDAWソフトにおまけで付いていたサンプラー。重いですけど、ストリングスはこいつを何台も使って組み立てていきます。

f0129466_23304717.jpg
これもおまけ。意外に今回のシリーズでの使用頻度は高い。

f0129466_2332142.jpg
SPERIOR DRUMMER。凄まじくリアルなサンプリングです。あ、使い方によりますけどね。これを打ち込んで作ったドラムの音をプロのドラマーが聞いて、判断出来なかったという素晴らしい実績があります。

f0129466_2343265.jpg
数多くのフリーソフトを使いますけど、これもその1つ。パーカッションに使ってます。

f0129466_23444324.jpg
The Grand。ピアノのリアルな音が必要な時に使いました。重いです。

f0129466_23453380.jpg
往年のオルガンの音ですが、リリースとかをいじれるので効果的な使い方ができます。

f0129466_23462771.jpg
BIZUNEというフリーソフト。デジデジしてます。細い。

f0129466_23473725.jpg
FAMISINTH。見たまんまの音です。Revolver 04の『ホームラン』の"あの部分"は当然これです。

f0129466_2349076.jpg
FM7。YAMAHA DX7をモデリングしてあります。透明感のあるPAD系で使ってます。

f0129466_2350669.jpg
Harrion Sonic。最近購入。スタインバーグ社がYAMAHAの傘下になってからのソフトシンセなだけあって、エレピの種類がハンパ無いです。しかもとても良い音。最近のメインシンセ。YAMAHA MOTIFに似てる気がします。

f0129466_23523367.jpg
MOOG。音作りに時間がかかりますが、かなり太くて良い音が出ます。YMOっぽい音はこれで作っています。

f0129466_23544351.jpg
z3ta。エフェクティブな音が豊富。おまけ系ですが、効果的に使える音からいなたくて"誰が使うん?"みたいなのまで沢山入ってます。

f0129466_23571675.jpg
Pentagon。PAD系は前述のFM7と同じく沢山使います。

f0129466_23581368.jpg
Pro 53。これを使い始めたのはかなり昔で、『5人基地』の特徴あるアナログシンセの音はこれで作ってました。今回も大活躍。アナログシンセのソフトは流行り廃りがなくてよいです。

f0129466_004069.jpg
POIZONE。
KORG系でしょうかね。チープな音を求めるとこれを使ってしまいます。

f0129466_022652.jpg
Retoronix。低音の太さが良い。

f0129466_033047.jpg
SAKURA。琴っぽい音がバリエーション豊かに入っています。

f0129466_041780.jpg
SAWER。saw系のシーケンスフレーズをこれで作っています。Revolver 02の『パルス』ではこれが大活躍してます。

f0129466_055532.jpg
ELEKTRO。これからリリースする音源で使ってます。シンセベースはこれです。

f0129466_075027.jpg
Tech Synth。もはやイナタイ感じしますから、それ狙いの時に使いました。

f0129466_095419.jpg
VINTAGER。Revolver 03『ヘラクレス_Revolver Mix』のシンセベースはこれ。

他にも沢山のシンセやサンプラーを使っています。目立たないけどね。
"あんまり聞こえていない音が曲の匂いを決める"と言えますから、こだわりました。

続いて音の処理、MIXの時に使うエフェクター類を少し。

f0129466_0202896.jpg
VC64。簡単にノイズが消えて、コンプがかかって、EQまで出来ます。かなり使ってます。

f0129466_0274255.jpg
LIMITER。ほどよく効いて、ノイズが少ないです。

f0129466_0231115.jpg
Vacumer Compressor。非常に音圧を感じます。

f0129466_0243119.jpg
コンプ系をもう1つ。これはきっとFair Childだと思います。潰しても潰しても曇らないから不思議です。

f0129466_0281840.jpg
まだあります、コンプ。ちょっとだけTUBE TECHやUrei 1176、1178なんかを思い出します。

f0129466_0291436.jpg
Solid State Logic。これもコンプ。以前書いたように、スネアとかに使います。

もうね、コンプはいくつあっても無駄になんないです。

ここから、アンプシミュレータを一気に紹介します。

f0129466_0315689.jpg

f0129466_0321331.jpg

f0129466_0323026.jpg

f0129466_0325033.jpg

f0129466_033432.jpg

f0129466_0332881.jpg

f0129466_0334497.jpg

f0129466_03425.jpg


こんだけありますが、全て使ってます。今回、同じ音色は1つもありません。

その他には、
f0129466_0351259.jpg
変なディレイです。左右に順々に広がったり、回ったように聞こえたりします。
Revolver 01の『マスキング』のエンディングはこれを使って"マスキンっ"を左右に広げました。

f0129466_0371567.jpg
これは普通のディレイ。
細かく設定出来るし、音質をアナログっぽくする事も可能です。軽くて便利。

f0129466_0381199.jpg
これはリバーブ。あのレキシコンのリバーブの手元部分を思い出します。

f0129466_039758.jpg
BOOST 1。音圧が増します。

f0129466_0394989.jpg
細かい設定の出来るイコライザーはとても重宝します。

f0129466_0402211.jpg
L2です。マスターフェーダーに使ってます。万が一のクリップ対策です。が、マスタリングをする時はこれで音圧を足したりしてます。いろいろと使えます。

f0129466_0421978.jpg
アナライザーも、耳からの情報と実際のデータが比べられる素晴らしい便利グッズです。


さて、結局気付けばこのブログを書き始めてから2時間も経ってましたから、今回はこれくらいにしますが。。

スペシャルな音作りにはいろんな工夫を要求されます。オイラもこれらを使ってみんなの耳が、体が、気持ちが明るくなるような音をクリエイトして行きたいと思います。。

ふふふ、ミックスをお楽しみにね!

f0129466_17291.jpg


読んでくれたみなさん、お疲れ様です。
[PR]

# by dai-nichan | 2011-08-09 00:47