お手軽な

高校生の時に、自分のストラトキャスターでなんとかテレキャスターみたいな音が出ないもんかと悩みながらやっていた改造とは言えない改造。
ハンダゴテなんか一切使わずにピックアップの組み合わせを変えてしまうという荒業です。

厳密に言えば間違っています。

が、結構好きな音になりますので紹介してみます。

テレキャスターみたいな音ってのは、ここでは要するにリアのピックアップとフロントのピックアップのミックスの音が出るというのが重要であってですね、それ以外は普通のストラトの音です。

通常ストラトだとフロントとリアのミックスが出ないもんですからね、それを出るようにするってだけです。

笑ってしまうくらい簡単な、2分もあれば終わる作業です。
f0129466_11241246.jpg
さて、どうするのかと言いますと…

先ずはピックガードを外しまして。
f0129466_11255017.jpg
で、センターとリアのピックアップを外します。
f0129466_11264651.jpg

f0129466_1127389.jpg

ハハハ、ギターを弾く方はもうお解かりですね。

そう、センターとリアのピックアップを入れ替えて装着するだけです。
そうするとどうなるか…
f0129466_11295629.jpg

写真の中央にあるセレクターでどのピックアップを鳴らすのかを決めるんですけどね、センターとリアが入れ替わった事で簡単に組み合わせの順番が入れ替わるというだけの事でして。

解りやすく図解してみると、
f0129466_11341079.jpg
順番にセレクトされる配線が、センターとリアが入れ替わることで3番にリアが該当されるようになり、その為フロントとリアのミックスが2番に出来るというカラクリ(ってほどでもありません)になっておるのです。

今までの経験上、フロントとセンターのミックスを使う機会がほとんど無かったことから、それをスポイルしてフロントとリアのミックスを得る事が出来ました。

文章にするととても難しいですけどね、ほんと簡単です。

これ、オイラのスタイルにはピッタリ。
ただ、セレクターがセンターの位置でリアのピックアップが鳴りますので慣れるまでは気持ち悪いですけどね。



ストラト好きにはお勧めしません。




鮫ラジオですな、今日は。
[PR]

by dai-nichan | 2011-03-04 11:45

<< 実は… なんか、普通にならんように。 >>