あっ!!

9/2になってしまいましたね。
早いものでございます。遂に…オイラ個人的に思い入れのある1枚がリリースです。
f0129466_11203358.jpg

Revolver_05。
収録曲は

『ダンゴ虫』



『ペダル』

FMKで鮫の特番!というなんとも奇跡的な嬉しいお話をいただいてから、はて番組のタイトルは?とかジングルやBGMは?など、自分が出来るお手伝いは何かないものかと考えておりました。
番組のコンセプトがとても明確でしたから、ジングルなどもこれから発表されていくであろう新しい鮫の音源にまつわる音楽をという事で出たアイディアが、『番組を聴いて下さっている方だけに解る音楽的仕掛け』でした。
そしてその頃出来上がっていた新曲が『ダンゴ虫』だったのです。
早いビートも然る事乍ら、タケルが書いた歌詞の内容がすごく良くて、番組の内容や鮫の姿勢にも通じるものだと思い、あっけなくというか熟慮の余地無し感じでほぼ勝手に番組のオープニングを決めて提出しました。
番組のあのオープニングは、鮫の今回の新曲『ダンゴ虫』だったのです。
そう、まさに番組を聴いていただいていたみなさまだけに解るサプライズでございました。

で、内容的な話を少し。

"シングルならでは"という自由なステージは、オイラのアレンジ魂をビンビン刺激するものでございます。
鮫なのに、なんだったらギターを弾かなくてもいいってくらい自由な感じです。
『ダンゴ虫』もそんな1つです。
ギターは弾いてますけどね、ライブでの再現は基本的に不可能な音とかを全く考慮せずに"思いつくまんま"重ねていきました。そして"必要のない音"があればそれを削っていくという作業。
8ビートを強調するために取った方法は、リズムの打ち込みです。
ドラムを完全に打ち込み音にし、ベースもシンセベース。カチカチのビートで…90年代サウンド狙いですかね。。
僕ら世代には少し懐かしい、若い人たちには逆に新しい音かもしれません、是非聴いてみてください。

そして2曲目の『ペダル』。
"甲州街道"というキーワードがございますが、これは言うまでも無く国道20号の事です。
オイラが仕事などで国道20号を使う時は、基本的にクルマです。大きな国道ですからね。
上には首都高速が通っていますから、歩くとなんとなくジメッとしているもんです。
そこを自転車で爆走する主人公。
熊本県民な感覚でいいますと、東バイパス?3号線?あたりを自転車で走るイメージでしょうか。。
大人になってクルマばっかり乗ってると、この感覚が少し遠くなりますね。
この曲は鮫の初期の曲です。
メンバーにキーボードが居た時代の。印象的なピアノのフレーズは当時と同じ。
ギターとベースのリフをファンキーしアレンジし直しました。
そしてエンディング。メッセージもあります。
そして実はそのバック入っているアコーディオンとエレピが曲の匂い、メッセージの色を演出する重要なファクターになっています。
どんどん早くなりますし。
是非ともゲットして聴いてください。。


ところで耳は…
少し良くなっているのではないかと思います。
比較的楽観です。
なんといっても処置が早かったのが良かったみたいですし。
f0129466_1213556.jpg

[PR]

by dai-nichan | 2011-09-02 12:14

<< 鮫ックス。 耳。 >>