今日は

f0129466_9212853.jpg




大分は国東半島でお仕事っす
[PR]

# by dai-nichan | 2007-10-21 09:21

Marshall 1987!!

以前からアンプやエフェクターについてお世話になっていたF.O.S。
遂にこの度ダイ兄ちゃん特別仕様アンプ!!
を手に入れました\(^o^)/
それまで使っていたアンプはF.O.S藤山くんの個人所有物のマーシャルだったので、
フジヤマーシャルと勝手に呼んでました。事情があってアンプを返却したんですが、返却するまでの間に
実は作ってもらっとったんですよ!
いっちょまえにアンプなんぞと思われそうですが、
弘法筆を選びまくっておるんです。
さてこれがそのアンプです。
f0129466_19225646.jpg

中古か?
んね違います。外側は古いモノですが、中身はF.O.S藤山くんの手によるダイ兄ちゃん専用のセッティングがなされたブランニューなアンプなんです。
さっそく連日のリハであれやこれやセッティングを変えて鳴らしてますが、これがまた
サイコー!!
な音がするんですよ、上がる~~(^o^)丿

………ただ気になる点が……(-_-;)

機能的にあんまり必要性を感じないところにファンが付いてます。
藤山くんもこれは前から付いていたってことで、配線はされていないので動きません。
しかもよ、そのファンの周りが焦げとるたい。だけんなんとなく汚く見えてしまうのは気のせいじゃなかと思うとですよ。
ケースが古いのはしょうがないけどね、音がサイコーなだけに、これをどうにかしたい!
どうにかなった上でみんなの前で披露したいわけですよ。折角だもんね。

ってことでライブ2日前になってDIYです!

はい、外しますよ。f0129466_1937394.jpg
あれ?外れた状態でもなんとなくカッコイイっちゃカッコイイなぁ。
でもやっぱりパーツ類の保護の意味もあるのでアクリルかアルミの板でカバーしようと考えました。
ホームセンターへ電話しますってぇと…

ホ『モノはございますが、きっちりサイズのモノはございませんので大きめのモノを買って頂いてそれをカットするほかないですねぇ…まぁもっとも当店では加工は割に合わんからやってあげないポ!!

くそぅ…自分でやるしかないのか…
しかし金属の加工など慣れない作業をしてライブ前に手を負傷してしまっては本末転倒。
悩ましき…

と、そこへ近くを通ったからと言って登場したのが頼もしき鮫部部長だこれ!
仕事上パイプを加工したりする部長に即相談です。
そしてナイスな展開に!!
f0129466_2022759.jpg
紹介してもらった熊本市内の加工場。予め作成しといた図面を渡してパネルを作ってもらう事になったのでした!!
始めはアクリルかアルミかで悩んだけど、アルミに決定したことで、この広いアルミパネルは結果的にアートスペースになるだろうと予測!
そうとなったら加工してもらってる間にあそこへ移動だ!!f0129466_2093618.jpg









D.S.Yoshihiro
ですよ、あの鮫ロゴをカッティングステッカーにしてくれるお店!!
アルミのパネルにどど~んと鮫のロゴを入れてやろうって考えるだけで…
(*´艸`)


お久しぶりです吉弘さん!
相変わらずの丁寧かつスピーディーな手捌きでステッカーが作られていきます。
f0129466_20165725.jpgf0129466_20173468.jpg
















さぁて数種類のステッカーを作ってもらって、今回はF.O.Sのロゴマークも作ってもらってアルミ板を取りに行きます!!


職人・西山さん。
に『お待ちしてました~~』
f0129466_20221649.jpg


おぉぉぉ出来てる~



こうしてF.O.S藤山くんの作ったアンプのお顔は、部長を始め吉弘さん、西山さんらの協力によりとってもおしゃれに生まれ変わったのです。

見よ!!これがダイ兄ちゃん専用F.O.S版Marshall 1987なのだ!!
f0129466_20284017.jpg

はい拍手!!
[PR]

# by dai-nichan | 2007-10-12 20:29

(*´д`)/ギターッ!!

先ずはこちらを。
f0129466_1945939.jpg

写真では判りづらいんですが、
『雷』というギターです。

完全ハンドメイド、世界に1本のギターです。
ボディトップにはスプルースという木材を使ってアーチがかかっていますが、
最近F-1のボディとかに見かける『マジョーラ』という、角度によって違った色に見える塗料で仕上げてあります。しかも木目もちゃんと見えてる、いわばシースルー・マジョーラとでも言いましょうか…とにかく個性的な色です。


その裏面。

f0129466_19105512.jpg

基本的にはメイプルのトラ目が見えますが、2本の濃い色の部分はなんとハカランダ!!
ここに2本ハカランダを挟むことで音に影響があるそうです。

ちなみにいかほど?との愚問に対して
『うん、130くらいかな』とはこの『雷』を作った本人の談。

ハハハ、買えませんって。

別に売られようとした訳でもなく、または買おうとしたわけでもありませんが、
このギターを作ってる人が、熊本県民である事がなによりの驚きです。
しかもこのギター、熊本で生まれているんです。外から見たら単なる一軒家みたいな普通のお家、かなり庶民的なお家で作られてるんだからなおさら凄い。
ちなみに工房を撮らせてもらいました。

f0129466_19215768.jpg






普通のお部屋(畳張り!!)に所狭しと木材が沢山!本格的な工具(当然だけど)や製作途中のギターもあって、なんとなくですが、かつて下北沢に住んでた頃によく小物を買いに行ってた"Zodiac Works"の工房を思い出しました。下北沢のそこは畳じゃないけどね。


改めて…

熊本県、侮るべからず!!!

きっとここで作られたギターたち、世界中を飛び回っても
熊本弁に反応するんやろね。
[PR]

# by dai-nichan | 2007-10-05 19:37

欲しくなりましたがガマンしました。

とあるお店で見つけました。
f0129466_2113349.jpg

後ろ姿の犬のオキモノ。

なぜ向こうを見ている?その向こう側に見える女性と思しき人形との会話を楽しんでいらっしゃるのでしょうか?
ちょっとだけ表情が気になってしまいました。
基本的にオイラの想像する犬くんの表情といえば
f0129466_21172125.jpg



こういった顔がマンガチックにデフォルメされたモノを想像します。
背中から漂う和やかな雰囲気、癒しすら感じるでしょう。。。



ちょっと呼んでみましょう。。





ダ『ねぇねぇそこの犬くんよ』


f0129466_21264511.jpg

犬『なんだい?』



………微妙

市原悦子さんばりの確かに癒しの目でした。。
[PR]

# by dai-nichan | 2007-10-02 21:32

最終回。

そろそろネタの方も尽きてくるかと思いきや、この種に関して
言いたい事の半分も言えてませんが、
とりあえずは特集としては最終回とします。。

毎回書くたびに、以前の記事やらスクロールしながらつらーっと見るんですが、
もう拳銃の写真ばっかで(´艸`)

そして気付いてしまいました。
このブログは、鮫のHPからリンクしているギタリストのブログなんだった!!という事に。

ということで、最終回です。
前回の予告どおりCOLTのオートの特集ですが、まぁせっかくですんで
打ち上げ花火のラストスパート的連写でまいります。
携帯で閲覧の方、面倒くさいでしょう、すみません。

f0129466_17582779.jpg

ガバメント。
もう誰がなんと言おうと、ピストルと言えばガバやろねぇ。
『ピストルを絵に描く』とどうしてもこんなカタチに描くやろ?
そんくらい有名なんだよな。
"人間工学"なんつぅもんが、世の中に存在するわけもない1911年にデビューしとるにも関わらず、握りやすいし、握りやすいから当たりやすいんだ。
それにしてもおよそ1世紀の歴史を持ってるって、すげぇよ。1911年の日本は…
明治の末
国としての歴史の浅いアメリカの、著しい急成長ぶりがよくわかるね~。
日本では朝鮮半島を支配したりなんかしよる頃にアメリカでは
『フリーダムつまり自由~』
なんつってこんな素晴らしいモノを創っておったのだ!
だってやね、火薬のチカラで弾を飛ばすってとこまでは誰でも想像出来るとこやけどね、
その火薬のエネルギーを利用して銃本体の上半分がゴッソリ動いてね、
火薬で弾を飛ばして要らなくなったケース(薬莢)だけを本体の外に放り出すんよ!
これブローバックっていうアクションなんだけど、ガバメントよりも以前からこのシステムは開発されてて、このガバメントで1つの完成形が出来上がったってかんじですな。
第二次大戦でのサブウエポンとして長期に渡って使用されたガバメントは、その後いろんなバージョンが開発されました。
あ、ガバメントはもちろんCOLTですが、このガバ系.45オートはCOLTだけじゃなくていろんなメーカーがコピーしたりカスタムバージョンにしたりしてます。
何でも遊んじゃうアメリカは、射撃もゲームにしたりしてますが、PPCマッチという有名な射撃大会がありまして、38口径以上のピストルであればどんなピストルでも参加可能というとてもザックリした大会なんです。
実はこの大会で大活躍してるのがガバメントを始めとするガバ系.45オートなんですよ。未だにガバ系のカスタムが主流なんだからすごいよね。
f0129466_18541181.jpg
ボウリングピンガン。
前回で触れた『衝撃を抑える』意味と、弾丸のスピードアップを狙ったカスタムが施されてます。

はいドンドンいきましょう。

f0129466_18582839.jpg










スプリングフィールドアーモリーというメーカーの
M1911A1。
特徴としては、マガジンに収容出来る弾の数が通常のガバだと1列7発ですが、こちらはマガジンを横に広げて左右交互に斜めに収容させていくダブルカアラムというマガジンを使用して装弾数を増やしています。さらに、通常の45口径から38口径に威力を落として、PPCマッチでの最低ラインの弾を使用することで少しでも撃った時の衝撃を減らそうとしてるんですな。まさにPPC狙いの1丁でしょう。

はい次。

f0129466_1974850.jpg

こちらはオートマグで有名なAMTというメーカーの
ハードボーラー。
これはロングスライドカスタムと言って、長いスライドが特徴ですな。
確かターミネーターかなんかで出てきたはずです。

次つぎ~!

f0129466_19143147.jpg







これは元祖COLTの
コンバットスタリオン。
これはマッチ用ではなく、アメリカ銃社会においての護身用に、より強力な弾丸を放つ銃を携帯しやすいようにコンパクト化したものです。
きっと、最初から護身用として創られたピストルの、非力だけど装弾数の多いピストルを持つか、装弾数は少ないけど強力な弾が撃てるこれを選ぶかというとこでしょうな。
そうそう、ガバ系のコンパクト化を最初に知ったのは今から24年くらい前。オイラにとっての初めての.45コンパクトオートはこれ。
f0129466_19235637.jpg
デトニクス.45。
これに出逢ってから小さな.45オートにしばらくはまったなぁ。
やたらグリップが太く感じたもんです。

はぁぁ…結局ね、Smith & Wessonのリボルバーが美しくてカッコイイから始めた特集でしたが、
なんや、結局.45オートばっか持っとるじゃにゃーか
っちゅう結果になりまして、
いささか遺憾であります(ー_ー)!!


つう事で、Smith & WessonとCOLTは素晴らしいのだ特集(いつからそうなった?)の最後を飾らせていただくのは、やはり大好きなリボルバーであります。
COLTを代表するリボルバー、パイソンの精密で機能的な銃身と、Smith & Wessonの代表的なリボルバー、M-19(Smith & Wessonその②で紹介したやつ)の滑らかな引き金の感触がコントロールにおいて有利なフレーム部分とを合体させた、要するにお互いのいいとこどりな併せ技のリボルバーでございます。
f0129466_19442964.jpg

スミス&ウェッソンとパイソンで…
スマイソン。
冗談みたいな名前ですが、実在します。先述のPPCマッチで大活躍したリボルバーなんです。
スマイソンという呼び方以外に、アメリカではスミス&ウェッソンとコルトで
スモルト
とも呼ばれています。
カッコイイ。

以上長期に渡って特集してきました、
とてもギタリストのブログとは思えんシリーズ、
タケルの"宇土パスカワールドプレゼンツ・
チャレンジ200"とともに
終了でございます。

ならば次回、ライフル特集をお楽しみに。。。ウソポ。
[PR]

# by dai-nichan | 2007-09-18 20:06

COLTその②

いつまでこの特集が続くんでしょう…
最近リポートを見ても訪問者がめっきり減ってしまっています。
原因はマニアック過ぎる記事だからでしょうか…

まぁお構いなしに続けますが。

f0129466_14545720.jpg

さてさて、写真は"PYTHON.357"であります。
全世界的に有名です。ICHIRO並みでしょう。
1955年のデビュー以来、ほとんど見た目が変わっていません。
唯一変わったところと言えば、銃身先端のフロントサイト、照準のことですが、その照準と銃身を止めるピンが2本から1本になったくらいでしょうか?
これは近年のCOLTリボルバーのメインであるキングコブラやアナコンダなどと同じになっています。

PYTHONと言えば、実銃の世界ですととにかく高い!!ので有名でもあります。PYTHON1丁でSmith & Wessonのリボルバーが2丁買えるってくらい、高価な拳銃なのです。
命中性などは近年のSmith & WessonリボルバーやSturm Rugarなどが優位ですが、伝統的なスタイルは未だにモダンでオンリーワンでしょう。

ただし、高価すぎて実用性としてはあまり現実的ではないことから、値段をグッと抑えたTROOPERというモデルがあります。これはMKⅢタイプといって、PYTHONなどとは全く違った構造です。それをコンパクト化したのがこれ。
f0129466_1512549.jpg

LAWMAN MKⅢ。
Smith & Wessonのチーフスペシャルより1周り大きい感じ。発射する弾はPYTHONと同じ357MAGNUMですから大したもんです。
日本の刑事ドラマによく登場してました。とくに西部警察など。
当時はフィルム撮影でしょうし、その分画質も粗くなりますので、リアルさとガンアクションとしての派手さを考慮して、本当の警察拳銃サイズ(チーフスペシャル)より1周り大きなLAWMANが抜擢されたんでしょう。

このMARK Ⅲ系のメカを使用し、.44MAGNUM弾を放つANACONDAというのがあります。
PYTHONの背が少し高くなったような、でもなんか間延びしたような。。
f0129466_15221695.jpg

写真のリボルバーはCONSTRICTORとかいうやつで、実在するんだか定かではありませんが、ANACONDAの銃身をより重くしたバージョンであります。
銃全般、射撃するとその火薬の爆発エネルギーで銃身の先が上に跳ね上がりますが、銃身を重くする事でその跳ね上がりを抑える事が出来ます。
大小で前後しますが、PYTHON、ANACONDA、などの蛇系の名前が付いた拳銃としてKING COBRAというのも存在します。
おそらくCOLTリボルバーの現在の主力はこのKING COBRAだろうと思いますが、持っておらず紹介できませんので、どうしてもという方はタケルくんちの2階のオーディオの横にあるビタワン君やデスマーチ艦隊から貰ったグレーの人形などがディスプレイしてある更に横に置いてありますのでそちらへどうぞ。

次回は一応最終回です。
COLTガバメント系のオートが沢山出てきます。
オートはやっぱCOLTの45オートが最高です。
て言われても解らんやろも?
だけん次回すっとです。
[PR]

# by dai-nichan | 2007-09-15 14:57

COLTその①

f0129466_1854155.jpg

はい、COLTの特集であります。

写真はCOLT SINGLE ACTION ARMY.45(以下S.A.A)という
リボルバーです。

西部開拓時代、民衆の平穏を守ったピストルとして『ピースメーカー』という愛称も
付いてるほど、アメリカの歴史に深く根付いた1丁でもあります。

ほら、西部劇なんかで主役のヒーローがクルクル~なんて回すのがこれですよ。
あのクルクル、ガンスピンなんてカッコいい名前が付いとりますが、
いわゆるチャンバラ映画で主役の人が刀を八の字に振り回してからサヤに収める
のと同じようなもんで、カッコいいからやってるだけなんですね。
最もこのガンスピンを含めた『早打ち』なんかの競技があるほど、S.A.Aは文化になりつつあるのです。
ファスト・アンド・ドロウなんつって競うんですな、ヒール・アンド・トゥみたい。

カタチがとてもレトロだし、COLTの歴史を語る上で欠かせないピストルとして飾っております。

ちなみに飯村くんとこにもあります。
[PR]

# by dai-nichan | 2007-09-09 18:54

Smith & Wesson その④

はい、ここではオイラの実に26年に及ぶ趣味の取材から得た知識と想像元に記事を書いておるわけですが、ここにきていきなり重大な誤りを発見!
もう2週間あまりこのデタラメを晒しており、甚だ恥かしいので削除すらいたしませんが、
ちゃんとした情報はここに訂正として載せさせて頂きます、スマヌ。

1955年にスミス&ウェッソンが発売したM29が.44マグナム弾を使用するのは紛れもない事実なんですが、この後357マグナムが開発されたって行に誤りがあっとです。
実は357マグナム弾というのはそのはるか昔、1934年に開発されとったのです!!

最近古本屋さんに立ち寄りまして、特に何かを探していた訳でもなかたんですが、
オイラの趣味の月刊誌『GUN』が1981年当時くらいのものからベラリ並んでおるわけですよ。しかも¥100-で!!
全部欲しかったんですが、基本的にはリボルバー愛好家であるところから、表紙の写真がリボルバーな号だけチョイスして¥1,500-分買ってきまして、
曲作りがスランプに陥ってボゥッとする時間が増えますってぇと、この古い雑誌を読み耽っておりました。
そしたらね、まさにSmith & Wessonの357マグナムリボルバーの特集がありまして、
歴史が詳しく書いてあったとです!!!
そういえばよぉくNフレームの歴史、特に続きのモデルナンバーから考えるとおかしなハナシではあるんですな~。改めて勉強しちゃいました。

さてその④ってことで書き始めましたが、
今回はなんとスミス&ウェッソンのオートもせっかくなので紹介しようと思ったのです。
とはいえ、スミス&ウェッソンのオートは、はっきり言うてあんまし詳しゅうございません。

f0129466_17462124.jpg
M645です。
うん蓄はほぼありませんが、スミス&ウェッソンのオートピストルと言えば、コルト社を出し抜いたDA(ダブルアクション)オートでございまして、M39がその代表でありましょう。
M39に関してはモノがありませんのでここでは紹介出来ませんが、どうしてもというお方は現アメリカ在住の飯村学史くんの実家の、彼の机の後ろにある戸棚にありますのでそちらへどうぞ。
そのM39が発展してM645が誕生しとる訳です。写真の645はスコープ用のレールがはまっておりますし、グリップもパックマイヤーに交換されとりますのでオリジナルとは違いますが。
f0129466_1757196.jpg

こちらはShorty.40。スミス&ウェッソンのピストルの、何れもM-○○○○とナンバリングされ、これが正式も略式も名前となっているんですが、同社にはパフォーマンスセンターという…まぁBMWで言えばMってとこでしょうか、そんな会社がありましてね、特別仕様のヤツをポンポン出すんですよ。これもそんな中の1丁でしょう、Mいくつなのか判りません。

何れの写真もこのブログ用に撮っておりますので、写真を撮った後そのまま片付けずに作動チェックなんかしたりするんですな。このShorty.40、ガスブローバックするんで思わず…

f0129466_1821315.jpg

パス~ン!!
気持ちんよか~!!!
はい、この気持ち良さをあまねく人に伝えたいのであります。

曲作りの方もようやくスランプから(いつの間にか陥っておりました)抜け出しそうなので、その③で紹介したM500を、記念に塗り塗りしました。f0129466_1834461.jpg


Smith & Wessonといえば品格高いブルーイングのフィニッシュなのです。ABS製のガスリボルバーですが、まるで金属の様な輝きが出ました~
ほれ、迫力満点~
f0129466_18373966.jpg






…ん?判り辛いっすね…
まぁよかです。本人はとてもご満悦ですから。



さぁ、Smith & Wessonを特集してきましたがいかがでしたか?
全くもって為にならんだったろ?

フフフ読んだアナタの負けです。

もちろん次回はCOLT特集
[PR]

# by dai-nichan | 2007-09-04 18:45

SMITH & WESSONその③

f0129466_12393083.jpg


はい、まさかその③まで来るとは思わんかったでしょうが、
2度ある事は3度あるとです。

M500。今のところこれが世のハンドガン中最強と思われます。
なにせデカい!!左側のは、その①で紹介したM36チーフスペシャル。
いかにM500がデカいかがお分かりいただけるかと思います。

これまで最強とされてきたハンドガン…と言うより弾ですが、
長い間44マグナムというのがその座に居続けていました。
44というのは口径を指していて、弾頭の直径が0.44インチあるわけです。
まぁ口径自体はガバメントやSAAなどの45口径ってのがありましたが、
破壊力は圧倒的に44マグナムが上だったのです。
これは火薬の量や質、弾頭の重さなどに起因します。
その後357マグナムなどが出てきます。

この44マグナム弾をAMT(Alcadia Machine Tool社)が
"オートマグ"というボルトアクションを採用したオートマチックピストルで使用しましたが、
なにぶんリボルバー用の弾として開発された弾であったため、
作動不良(ジャム)が続出、"オートジャム"と罵られました。

そんな中、IMI(Israel Military Industry→MRI)が
"デザートイーグル"という44マグナムのオートマチックピストルを完成させると、
弾の威力は次々に更新されました。
デザートイーグルは50AE、ルガーは480ルガー、その他454casullなど様々に広がり、
遂に完成したのがスミス&ウェッソン500マグナムなんですな。

その最強の弾を撃つハードがこのM500なんすよ。
もちろんこれはおもちゃですが。
ここまで強い弾を撃つのですから、強度が最優先になり、
美しい筈のスミス&ウェッソンリボルバーも多少いびつです。

それでもカッチョエエと思ってしまうのは、すでに病気かもしれません。
[PR]

# by dai-nichan | 2007-08-22 12:39

SMITH & WESSONその②

f0129466_14110.jpg


これはM19。
スミス&ウェッソンのリボルバーでも最もポピュラーなモデル。
1950年代(だったと思う)に登場し、今もなお殆んどモデルチェンジなしに
生産されよるけんな、すごかよ。

これは刻印の位置や引き金の形状等から
最近のモノをモデル化してあるごたるね。
次元大介が使ってるので有名です。
その①で紹介したチーフスペシャルがJフレームで、
これはその1つ大きなサイズのKフレーム。
弾は357マグナム!!いきなり強力です。
この強力な弾を撃ち続ける為の強度を稼ぎつつ出来るだけコンパクトさを
キープした更に1サイズ大きなLフレームの357マグナムモデルは
M586といって(カタチはだいぶ違う)、『あぶない刑事』で舘ひろしが使ってました。

コレクターとしては舘ひろしとは関係無く586も持ってなきゃならんとこです。

更に大きなリボルバーとしてNフレームってのがあって、この代表格が
44マグナムってので有名なM29。ダーティハリーでクリントイーストウッドが使ってました。
これもコレクションせにゃならん。

手に入れたらまたここで自慢してあげます。
[PR]

# by dai-nichan | 2007-08-19 01:04

SMITH & WESSONその①

f0129466_032474.jpg


スミス&ウェッソンのハンドガンは全て美しか。
性能面はもちろん、デザインもかなり計算されとるね。

写真のリボルバーはM36チーフスペシャルというモデル。
SMITH & WESSONのリボルバーでも最もコンパクトなJフレームだけど、
38口径という中型ピストルに匹敵する弾が撃てます。

日本の警察拳銃がこれをモデルに作られているのも、
これがいかに傑作であるかという事やろね。カッチョエエ。
[PR]

# by dai-nichan | 2007-08-19 00:32

夏休み!!

毎日毎日暑かですナ!!!

子供たちにとっては楽しい楽しい夏休みです。

ってことで今年もやってまいりました。
佐藤家の台風の目!!

f0129466_1824164.jpg

今年小学1年生。
やはり専らムシキングブームは続いており、よりによってベネ○セが熊本は
グランメッセという多目的ホールで
『世界の昆虫・動物王国』
なるイベントをやってるもんだから、これに行きたいって言い出さないわけもなく…

f0129466_18354721.jpg







やっぱりホンモノの子供パワーには勝てないわけです。

入ってみると、まぁ決して得意とは言えない昆虫たちがわんさかおるわけですよ。
我が家の台風の目クンはあっちこっちはしゃぎ回っておりまして、のっけから暗雲…

まぁオイラも社会勉強の一環として見学しようかと覗き込むと…

巨大ヤスデが!!

んもう!苦手なんだけん!!写真ではお見せいたしませんが、要するに巨大なミミズですよ!!これだけんすかんとよ、どこが昆虫やて!!

…まぁ動物といえばそうですが…

それでも日本に生息していない『ヘラクレスオオカブト』なんかは実際見てみたいので探しました。
ほらf0129466_18481937.jpg






おったおった!
まぁ写真や映像で何度となく目にしているので、インパクトとしては巨大ヤスデの勝ちです。
そして『世界の動物』コーナー。







なんかミミズクやらコウモリやらでどうもインパクトに欠けますが、進むにつけこんな看板が…
f0129466_1852326.jpg


"手や指をオリに入れるとかみます"

えぇぇ?人の恐怖心をだいぶん煽る演出です。





そして更に進んで行くと…

f0129466_185810100.jpg


非常にかみます!!

もう、手や指を入れるまでもなく全て噛み砕いてしまう勢いなんですね。


そんな看板を見ながら回ってくもんですから、出口近くのお楽しみコーナー

蛇といっしょに写真を撮ろうコーナー
も違うテンションが盛り上がってしまい、
f0129466_193646.jpg


だいぶ不安そう…




すっかりおとなしくなってしまって…
気付けばオイラが一番楽しんでました。。
[PR]

# by dai-nichan | 2007-08-13 19:06

占部裕さんという素敵な人

先日、無事作本さんのツアーが終わりました。
観に来て頂いたみなさん、本当にありがとうございました。

『トライアル』も物販コーナーで沢山買っていただいたようで、非常に嬉しいです。
作本さんの”大人”のロックとは違いますが、鮫は鮫の”元気”が売りです。

さて、そんな作本さんのバックメンバーとしても紹介した
占部 裕さん
このバンド以外でも、CMのお仕事を頂いたり、プライベートでも
一緒に飲みにいったりと、公私ともどもとてもお世話になっているお方なのです。
そんな占部さん、通称”うらっち”に敬意を表して、今日はうらっちの
ベリーキュートな一面を紹介いたします。f0129466_1636526.jpg

はいこれは先日紹介した時に使ったうらっちですね。
7/6の産業文化会館でのコンサートを目前にして、3日連続MARUDAI RecORDSへ足を運んで練習する、誰より努力家なうらっちです。


オイラが言うのは甚だ失礼ではありますが…


すんげぇテクニック上がった!!




そしてライブの直前には…
f0129466_16445968.jpg
腹ごしらえ!
ごくごく~





チカラをつけた上で~
f0129466_16471221.jpg




ババンバ…








これでライブ用うらっちの完成です。

ライブが終了すると、メンバーや関係者の皆様と打ち上げに行ったりします。。

f0129466_16565315.jpg




となりに今回の作本さんコンサートのゲストプレーヤー、
バイオリンの加来さんが座ったりすると、完璧に
よか顔になるのです。







宴も進み、加来さんが『明日仕事が早いのでこれで…』と帰っていくや

f0129466_1771363.jpg



「もうボクは眠いでしゅから!!」


と、こうなるのです。
とても優しい素敵な方です。
[PR]

# by dai-nichan | 2007-07-17 17:10

宣伝!!

1年に一度、やってまいりましたよ!
そう、作本光弘ライブツアーの季節です。

みんな一生懸命で、もちろんオイラもそうなんで、
『今日こそはブログアップや!』と意気込んでいても、なかなか写真を撮れません。。

(記)
作本光弘Live Tour 2007
I'm on your side

日時/2007年7月6日(金)
場所/熊本市産業文化会館
開場/18:30 開演/19:00
前売/3,500yen 当日/4,000yen

7月8日→天神ビブレホール
7月14日→小倉WOW!
7月15日→佐賀GUILES


となっております!!観て欲しい!!
メンバーはみんなお馴染みの、キーボード/ALEXこと矢賀部竜成、ドラム/堀川誠(Zukutsuku-ta)、ベース/怪しい業界人・占部裕。

見て!!このウラッチの真剣な顔!!!
f0129466_1104367.jpg

MARUDAI RecORDSに来て個人練習してるんよ!

夜遅くまで練習して…飲みます。








作本さんは作本さんで、フロントマンとしての自負心が年々増していて、
今年は遂にマイクスタンドを特注!!!

ストレートのマイクスタンドでね、途中で長さを調整する部分とかないから、身長に合わせて特注するんですよ。
んで、出来上がってきたものの、少~しだけ高さが高すぎたのでホームセンターで自ら作業!
電動工具の恐ろしさ、スチール加工の恐ろしさは知っていますが…

f0129466_1203883.jpg


だいぶん腰が引けてる…








いえ、本当にみな真剣に準備しよるとです!!



オイラは…やっぱり準備に追われております!!
でもそんな自分の姿はお見せできませんのでー…

雨も降っておりますし、梅雨ドキには欠かせない自慢のコレクションをお見せします。。
f0129466_1274371.jpg


まぁずいぶんと取っ手の大きなずんぐりむっくりのでございましょう?

もぅ、雨を誘っているかのような鮮やかな水色、類を見ない独特のフォルム!!
とても握りにくいんですが、前述のように『デザインや企画がよければ…』で大いに許してしまう代物なんですよ。





ボタンひとつでバサッと広がる自動傘。



広げてみるとー……
f0129466_1371421.jpg




が点いちゃったりして~



いや、マジメに準備しとるとよ!!
今回はギター弾きまくり!!!もうガンガンです。
観にきて下さ~い!!!!!
[PR]

# by dai-nichan | 2007-07-04 01:44

おバカシリーズ

なんかね、ちょっと興味が沸くとすんげー凝ってしまいます。
東京おった時からなんとなく集めてしまった…

f0129466_20434773.jpg
ライターです。

無駄にデカい。
上半分がライターになってて、
下は灰皿になっとるんです。
右横の100円ライターとの比較で
判りますが、ライターと灰皿を
くっつけて合理的か?
と思いきやデカ過ぎて不便です。

オイラは『無駄』が好き。
『無駄使い』じゃないとよ。
遊び心だったり、機能より
デザイン重視なのが良いのです。
デザインや企画そのものが
面白ければ多少機能的に難ありでも許せちゃいます。

ここでまた一部コレクションを紹介。
今回は自慢でもなんでもありませんが…バカくさくて良いので紹介します。

f0129466_2052720.jpg
全部ライターです。

①クルマの鍵のフリしたもの
②クルマのシガーソケットにあるライターのフリをしたもの
③中華包丁のフリをしたもの
④泡盛…
⑤昔のミシン
⑥電子ジャー
⑦FAX
⑧アメリカの公衆電話

およそ全てのものが中国製なだけに、きちんとライターとしての機能を果たしてくれないものもあります。が、一応ライターです。

他にもいろいろありますが、改めてすげぇ可笑しいなと思えるライターがこれ。
f0129466_20595254.jpg

ホチキス。
前面にある穴から火が出るんですが、上の部分はちゃんとホチキスの役目を果たしてくれます。
"書類をまとめてホチキスで留めたらタバコを一服"
なんて誰が考えるんだろうか…

とにかくバカで良い。
タバコと一緒に置いとくのか、文具のコーナーに片付けるのか…どうでもよいライターです。

こういったいわゆる『おバカライター』は、熊本の雑貨屋さんとかではほぼお目にかかれません。
キャラものとかならドンキのレジ前ですら見ますが。

先日超久しぶりにParcoの上の方にある『ビレッジバンガード』という本屋兼雑貨屋へ行きました。
そこで久しぶりにグッとくるライターを発見。即購入。
音楽を生業とするスモーカーなら誰でも反応するだろ?的な代物。
カセットテープ型ライター!

ちなみに半裸の女の人がレーベル面にプリントしてありましたので、
もちろんそこはすかさず…
f0129466_21113477.jpg


バージョンにアップグレードです!
ちゃんとケースに入ってますし、
f0129466_21153519.jpg









B面に至っては『トライアル』使用になってます!
なんというおバカさ加減でしょう。
写真を見て『欲しい!!』と思った方、抽選で1名様、
見せてあげます。

さ、しごつしごつ!!
[PR]

# by dai-nichan | 2007-06-18 21:26

あのね…

f0129466_2194879.jpg

熊本空港で発見。
あんまり似てないよね…
[PR]

# by dai-nichan | 2007-06-14 21:09

オイラのフルコース!!

鮫、またはタケルソロのプロGさんとしてお馴染みの矢賀部さんとは、
他でもたくさんいっしょに仕事をさせていただいております。
そんな矢賀部さんの作業スタジオへ今回は、同じソフトの使い方
などを伝授しに行きました。
今日はダイ兄ちゃんがせんせ役として、授業料がごはん
朝から素敵な…

f0129466_12122382.jpg

たこ焼き。

いつからだろう、値段設定が変わってない。懐かしい味。最高です。

見て!このツヤ!f0129466_12171531.jpg









最近のそれとは全く違う、昭和のたこ焼きです。
今は外がからっと、中がトロトロでしょ?
これは外も中もフワッフワなんだよね。
完璧な昭和熊本のたこ焼きです。
1個16円。朝から軽く20個完食!


最高の朝ごはんを食べて、矢賀部さんとこで作業!
サクサク仕事は進みます。こゆときって時間が経つのが早いもんです。
はっと気付いたらすでにお昼を大幅にまわってます。

ってことで~…
前回紹介したときにはすっかり食べてしまってからのどんぶりだけをアップしてしまいましたが、
今回はちゃんと撮ったよ!!

f0129466_1242467.jpg

至上最強に無防備なラーメン!

もうだいたい見て解るでしょ?
間違いなく美味しいんです。
カロリーを始めとするありとあらゆる健康的な配慮が全く無い、本当の意味で『美味しいラーメン』を提供してくれるのは、ここをおいて他に見当たりません。
無防備である強さ!感服いたすね!
きっとこのラーメンを食べた直後にお腹がゆるくなっても
『ここのラーメン食べたら必ずなる』ものとして予め解った上で食べてます。
また、このラーメンを食べた直後に他人と喋ったとしても、
『あぁ、あそこで食べて来たと?んまかったろね~』で済む。
強ぇ。

オイラの最高のフルコース、羨ましいやろ~?
[PR]

# by dai-nichan | 2007-06-13 12:53

趣味の時間です。

いやぁみなさん、最近鮫のライブが無くて
鮫ば忘れちゃおらんですか?

ご承知のとおり、目下2日のビブレライブとレコーディングの準備をちゃんとしよりますよ。

が、


相変わらずここではリニューアルまでして
なおも趣味の記事です。

生活のサイクル自体は毎日ほぼ同じなんですが、休憩中にすることは
毎日違います。おいらはほぼ休憩のためだけに仕事してま…

休憩中にやることと言えば、ドライブ、洗車、アパルーサに行ってみる、プラモを作る、
なぜかBOOWYのオケだけをやたら忠実に作ってみる、エアガンで遊ぶ、相撲を見る、
ニュースを見るなどですが、昨日はまただいぶマニアックなことをしてしまったので、
誤解を期待しながら報告してみます。

はい、これですよ↓↓↓
f0129466_136511.jpg
ワルサーPPK/S。
ジェイムズボンドや峰不二子が持っている事で日本では有名になりました。
もともと中型ピストルとしてワルサー(ドイツ)社のPPという優れたモデルが存在していて、
それをコンパクト化したPPKが発売されました。ちなみにボンドおじさんや不~二子ちゃ~んは基本的にはこのPPKを使っています。
ところがケネディ暗殺事件をきっかけにアメリカは輸入の小型ピストルのサイズに厳しい規制を設けたため、それをクリアすべくPPK/Sが誕生したんですな。
さて写真をご覧あれ。そんななんとなく陰のあるピストル、当然これはオモチャですのでしかたありませんが、真っ黒で味気ないよね?基本的にスパイのイメージだし…
まぁ警察拳銃としても使われてはいますが。
なんかプラスチックな感じというかね。

しかも見て!!パーティングライン(プラ同士を合わせたライン)がくっきりで、
f0129466_1561424.jpg
オモチャ全開(-"-)

…我慢ならんど?


もうこれはどうにかするしかにゃぁもんね。




f0129466_1592785.jpg


はい、よかですか?分解すっです。
まぁ分解つってもフィールドストリッピングっつってメンテするときに軽く上下をばらす程度ですが。

①先ずはマガジンを抜いちゃう。
②マガジンを抜いた状態。
③トリガーガード(引き金のガードんとこ)を写真のように下げながらスライド(上の部分)を引き上げると…

f0129466_284911.jpg






右のような状態になります。あ、グリップも外してちょっとだけ分解完了。







そして用意すんのがこれf0129466_2122057.jpg
←TAMIYAのプラカラー。No.X-11はクロームシルバーは銀色の塗料です。
それからサンドペーパー、コンパウンドを使って先述のパーティングラインをキレイに消したら、TAMIYAカラーを小さめの平筆で塗る作業です。
ギンピカにするわけじゃありません。少し陰のあるイメージに『汚し』を入れるのです。

f0129466_2184078.jpg


ホルスターやポケットでこすれそうな場所を塗り塗り(④⑤)。それから利き手が右なら、引き鉄の周りは人差し指が触れます(⑥)。ここはこすれるというより、緊張からくる汗で退色するでしょう。
そんな想定をしながら塗り塗りするんです。
はぁぁ~楽しい



そして組み立て~っ!!!さっきと逆の方法で組めば完成。

f0129466_2285554.jpg


見てぇごらんむしゃんよか~!!最初の写真と比べてごらん!!

所要時間30分、出費ゼロ。
よか息抜きです。

ちなみに、『キレイじゃないといけないCOLT COMBAT STARRION』と『少し汚れてないとそれらしくないWALTHER PPK/S』を並べてみました。

f0129466_2484224.jpg


すみません、満足しました。
[PR]

# by dai-nichan | 2007-05-30 02:58

えびす。

久しぶりにすんごい黄砂青空駐車の
E/F号べん兵衛さんがかなり悲しいことになっていますので、
久しぶりに洗車でもします。
今日は2台ともやんべ!!
そこへ強力助っ人登場!
f0129466_9145049.jpg




太陽光の眩しさにご覧の表情。日光にタケルくんは似合いません。








しかし見て!!この黄砂っぷり!
f0129466_9232567.jpg




てゆーか写真じゃぜんぜん伝わらん!!
すごい汚れだし、2台もあるし、タケルくんは太陽光にさらされ早々にリタイヤするし、でもE/F号にいたっては水アカまで全部とらんといかんという決意のもと始めてしもうたし!!
写真無しですがこのまんましっかり2台ともキレイにしましたよ!!



さて話題を変えまして(-。-)y-゜゜゜

前回、前々回の話題でも書いていました、レコーディングの準備ですが、
イイ感じで進んでます。MARUDAI RecORDS内でみんなの期待に応えられるようにアレンジ作業をしてますよ~。
そんな訳で毎晩夜遅くまで作業して、集中力が切れてくると、『今日はここまでにしよう』とか『ちょっとコンビニにでもいって気分転換』とか『コンビニで缶ビール買って寝酒すんべ』とか考えるのです。

今回は『コンビニで缶ビール買って寝酒すんべ』案で決定(^0_0^)フンガ~
f0129466_94051.jpg





はい、いつもお世話になっている近所のセブンイレブンであります。
さて缶ビール~!!
エビスの350ml缶にしようか…
でもASAHIの本生(発泡酒)の
500mlで今宵は質より量を選ぼう!

…とおつまみですが…気になるアイテム発見!!
鶏の唐揚げ(九州味)
この"九州味"ってのがやたら気になるね~。でもここでこれを買って夜中に揚げ物を食べる事になってしまったらからあげ大王のケンイチロウせんせにさえおこられます。
ここは~ぐつとぉガマン~(竹中直人/イレイザーヘッドより)で、気になる九州味はケンイチロウせんせのご意見を聞いてからにします。
KOOL2コと本生500をレジに持っていって、お会計。
いまセブンイレブンではなんだかキャンペーンやってんのね?
「くじ引きをどうぞ」
って促される。箱に手を突っ込んで無作為にカードを一枚選んでアタリか、何かの抽選応募券かのいずれかですが、手を突っ込むところが2箇所あって、"一般商品"と"酒類"とで分かれているんですよ。
たった今本生500mlを買ったそばから、迷わず"酒類"に手を…
思いのほか
f0129466_1065446.jpg


アタタ~!





セブンイレブンフェア
商品無料引換券
割引有効期限
2007年6月3日(日)
お引き換えはお早めに
全部意味なく書き写してやったぞ。しかも~f0129466_10142114.jpg





ビールぢゃなかね~




f0129466_1016166.jpg



しかもさっきどちらにするか迷った
YEBISUたい!!


店員『すぐに引き換えいたしますか?』
ダ『ただちに願います!!!』

やったやった!寝酒が増えた~ん!

…とにこやかに店員さん戻ってきて
『申し訳ございませんがただ今商品が切れておりますので次回のお引き換えにさせていただいてもよろしいでしょうか?』
なんたる惨敗っぷり!!!
まるで『チミの欲しがってたビールさぁ、やっぱあげない
とでも言われた感覚で、本生500mlを一気に流し込んで寝ました。
[PR]

# by dai-nichan | 2007-05-22 09:23

もいっちょギター

ギターとはいえ、レコーディングに使うのは
何もエレキギターだけではありません。
鮫というバンドの性質上(つうかオイラの曲作りの癖で)
全てをせーので録れないアレンジではありますので、
ギターを何本も重ねたりするんです。

アコギも使います。

最近入手のこちら
f0129466_23252930.jpg
GUILD D-50

なんていうか、オイラ専用の音というか、スタイルに合ってるというか…

爪弾くことはほとんどありませんので、ジャカジャカピックで弾くんですが、
マーチンの様な繊細さとギブソンの様な野太さが合わさった、まぁマーチン好きやギブソンフリークの人にとっては『中途半端』な存在かもしれませんが、オイラには最高のレスポンスをくれる素晴らしいギターです。

最近自慢ばっかですんません!

着々とレコーディング準備は揃えてますよ~
[PR]

# by dai-nichan | 2007-05-19 23:32

ギターネタ2

とてもカッコイイ(と自分では思う)Fender STRATOCASTERです。
f0129466_1935068.jpg
Fender Japanですが、なかなかいい音がします。
このあたりの通称"ジャパフェン"については全く詳しくありませんが、"E"から始まるシリアルナンバーからしておそらくは84~87年製のものと思われます。当時のジャパフェンは『フジゲン』と呼ばれる日本を代表するギター製造工場で作られており、現在の多角化した製造工程をもつギターより、より丁寧に作られていて、当然その分だけ音が良いんだそうです。まぁ、そんなこと言われんでも確実に20年以上前のギターですからすごくイイ音しますが。

f0129466_216717.jpg






燦然と輝く"Fender"のロゴと"STRATOCASTER"の文字。ソリッドボディを持つギターの最も代表的なギターであり、憧れでもあります。もうすぐレコーディング。このギターは実は大活躍しそうです。その他にもレコーディングで活躍しそうなギターをいくつか紹介。




f0129466_2145969.jpgf0129466_21452786.jpg
前回のブログで紹介した2本。赤い方は最初は万能に使えるライブ用ギターとしての役割で組み立てたんだけど、気が付けばこのギターの音が今の鮫のギターの音になってんだよね。青い方は赤より線が細くてクリアな感じ。いずれも良いギターです。

はい、変り種☆フライングV!!
f0129466_2150476.jpg
橘高クンじゃありません\(゜ロ\)派手なカッコですが、ボディが良くなるんよ。ハムバッカーが付いてるんでケロケロケロ~ってソロには持って来いです。
f0129466_21555978.jpg

お次は→
ゼマイティスの、未だ日本でGRECOがライセンス生産するよりずっとずっと以前にKid'sというメーカーが手作りでコピーしたギターです。テイルピースやブリッジなどはレスポールのそれが付いていますが、PUはどうやら当時のセイモアダンカンが付いています。当時のダンカンのPUはメーカーの文字も入っていない、実に控えめで素晴らしいPUでした。
このギターもハムバッカーですが24FなのでフロントPUの位置がレスポールと若干違うので少し変わった音がします。いい感じです。
ガッツリ歪んだロックはこれでレコーディングします。

その他にもアコースティックギターや用途に応じたギターでレコーディングしますので合計何本スタジオに持ち込む事になるんでしょうか…

因みにメインで使うアンプはライブでもお馴染み…
f0129466_229403.jpg
Marshall 1987です。マーシャルも数あれど、これはイイ!!艶があって根性ある音がする。
レコーディングにおいてもこれが大活躍間違いなし!!まぁこれだけじゃなく、
ギターの表現の可能性
を少しでも多くの人に聴かせるべく
色んな方法論
でレコーディングしますが…



全部は教えられ~ん
[PR]

# by dai-nichan | 2007-05-16 22:19

今日は

ただいまライブです!

ライブ当日の朝の動きを紹介。
ここでは初めてギターの特集であります(^^)
前日はいつもより早めに寝て、
朝4:00くらいに起きます。

そしてMRUDAI RecORDSスタジオ内で作業開始!!
f0129466_8291315.jpg

東京ツアー、合計6箇所を休みなしで回って、疲れているのは何も人間だけではありません。
このメインギターも毎晩振り回され、合計36時間ほどクルマに揺られてクタクタになってます。
今日はとくにクタクタなネックを中心に念入りにメンテします。

もともとバラバラの部品から組み上げたこのギター、やはり微妙にパーツ同士が合わない場合も多々あります。f0129466_8363257.jpg





ほら、ネックとボディのジョイント部分、少し隙間があるでしょ?
これはブリッジサドルとの兼ね合いもあって、あえて隙間を作っているのです。幅にして1mm前後。
ただし、本来は隙間なんて無い方がいいので、ツアーなどで使い倒すうちにこの隙間やネックの状態がだんだんと変わって緩~くなってくるんです。

ほら、指板と弦の(弦高/ゲンコウ)間がすんごい広い(高い)。f0129466_8424396.jpg
そもそも他のギタリストより弦高を低く設定するオイラとしては、この状態は最悪です!
チョーキングなどのプレイに支障を来たします。ネックのジョイントが緩いと、チューニングの不安定にもつながるので、早速メンテします。

f0129466_8471120.jpg











新たにジョイント部にスペーサーを足して、スクリューを増し締め。


よおく見るとf0129466_8501247.jpg





使い古したピック。更に下の方にはVHSビデオテープのナイロン製のカバーを細い四角に切って挟み込み、ネックの角度をスペーサーの厚みで調整します。





これで弦高を見てみます。

f0129466_8555544.jpg






はい!!低くなったなった!!

これでツアー前の状態に戻りました。っつうかツアー前よりアップグレードしてるかも。試奏してみると、かなり弾き易くなってます。




さて、古い弦を外して今度はペグ(弦巻き)の調整。
実は多くのアマチュアギタリストが気付かないのがこのペグの重要性。
壊れて初めてハッとする人も多いはずです。
でもギタープレイの中でもっとも重要なチューニングを司るこの部分を調整せずに、いくらネックを調整してもチューニングの安定は図れません。

まず、
f0129466_984835.jpg




裏のスクリュー。緩んでるとペグ自体が弦の張力で動いてしまいます。
ツアーから帰ってきて、ここも少し緩んでました。

f0129466_9141231.jpg

そしてペグのトルク調整。弦を張ってない状態で、ペグがクルクル回ってしまうのは良くない状態です。少し回す時に抵抗があるくらいがベスト。
ここもメンテにおいて重要なポイントですよ!


これで弦を張って~
f0129466_9151082.jpg
完成!!!
f0129466_9152942.jpg
『カギッ子』で使う青いギターも同じく完成~!!



こいつら連れて、



いざ出陣!!!
[PR]

# by dai-nichan | 2007-05-12 09:19

オタクじゃありません

ツアーの疲れ、心地いいもんです。
月曜早朝に自宅に着いてから、だいぶ死んでました。

起き上がって、お礼の電話やらメールやらして…


やっぱもすこし休もう

さて何をしようか…これといって
趣味が多すぎて何をするか決まりません。

そう言えばツアー中の時間つぶしアイテムとして
『世田谷ベース』という雑誌を読みふけっておりました。
所ジョージさんの趣味などが広く紹介された、オイラにとって
たまらん内容のものでした。
乗るにはデカ過ぎだけど、カッコイイから好きなアメ車の事や
おもちゃ、そしてトイガン。

あ!今日はトイガンを久しぶりに引っ張り出してみよう!!

このブログ、タイトルに『ギター』と謳いながらもべん兵衛さんの
ことばっかで、変化がないし。
今回もギターは出てきませんが。

コレクションの一部を紹介。

ハンドガン。
f0129466_2212429.jpg
上段左から、
①S&W M645
②COLT M1911-Hicapa
③COLT M1911A1
④COLT M1911National Match
下段左から
①COLT S.A.A
②COLT PYTHON357
③COLT LAWMAN MKⅢ

やっぱりハンドガンってカッコイイ。
もう完璧に強い感じじゃなくて、
どこかこれだけじゃ勝てないって
雰囲気が良いのです。



そしてライフル、サブマシンガン。
f0129466_22215897.jpg
左から
①マルイVSR-10
②COLT M16A1
③FNっぽい…?

なんか昔からナガモノって
あんまり興味ないんす。
ないことはないけど、
ハンドガンほどの知識も
固体保有もありません。
ですんで、③などはよく
わかりません。
パーツ足りないし、中国製だし。
VSRに至っては実銃は存在
しません。なんとなくレミントン
M700あたりに似てるかな?
くらいで。
ただこれはめちゃくちゃ命中性の良いスポーツエアガンで、5mの距離から
久しぶりのシューティングでもおよそ15mmのグルーピング(集弾性)です。

そして、これらの知識も含めた、
おそらく誰も持っていないだろうタカラモノがこれ。
f0129466_22352635.jpg

実銃のスペックや製造国、銃器って多くは戦争に関連して作られてきたので、そういった歴史的背景までもが全て書いてあるスグレモノの本です。
Zuku-Tsuku-Ta(分かる?)のギタリストで親友のイイムがアメリカから送ってくれました!ナイスなプレゼント!!






ただし、
f0129466_22415224.jpg

全て英語で読めません。

MARUDAI RECORDS内でタバコに火をつける時に使うのが、f0129466_22445198.jpg

COLT M1851Percussion Revolber型のライター。
銃口からターボな火が出ます。
銃身が長くて点け辛い。
でもその無駄が、このカタチがたまらなくナイスなのです。






さてせっかくなのでコレクションを眺めながら一服しようかと、
f0129466_22502364.jpg

ディスプレイ用の台座ごと取れたりします。
儚くてよいです。


さて、写真も撮ったしー、少し遊んだしー…

かたづけます…
[PR]

# by dai-nichan | 2007-05-01 22:58

くっくっく…

℡「もしもし、アパルーサですが車検整備が終わりましたので…」

やった~~っ!!

そう、暫しの別れも辛いべん兵衛さんとの再会のお知らせが
来たのです。いや、今日のこの喜びはべん兵衛さんを

べん兵衛様

と呼びま…

…ははぁん、そういうことだな!
俗世間のオバハンたちが韓国スターに対して
”ヨ○様”と呼んでしまうのは、心からの溺愛の証だ!

べん兵衛さんはべん兵衛さんなのダ!

ツアー前の最後のリハがあって、気も漫ろで出動たい!
この1週間、快適な移動をサポートしてくれてありがとよ!!
f0129466_12571459.jpg
アパルサーよ

スタンドで給油、満タンにして
帰るがよい!

タケルくん、素。
スタンドのおいちゃん、慌。

似合わないと言われながら、
よくキビキビと動いてくれた。
代車とはいえ、
よいクルマと思ったデス。

「らっしゃ~い」
f0129466_1322138.jpg

「えとぉ、車検と、タイミングベルト、
ウォーターポンプ、ファンベルト、
フロントのスタビライザー、
ATオイル補充とエンジンオイル交換と…」


ざっと20万(ToT)/~~~

「あとエンジンオイル交換だけ
終わってないけんこれからするねー。」



キター(^O^)/
べん兵衛さんのお出ましじょ!!
f0129466_131198.jpg

向こう側に見える綿菓子作るやつみたいな機械で
オイルを吸い上げます。
コーヒーみたいなオイルが…

そしてこれがBMW伝統のスモールシックス!!
f0129466_13153770.jpg

この6気筒エンジンが素晴らしいのです。
オイル換えて元気になりました。。
なめらかな加速と回転の伸びは
世界で”シルキーシックス”とも呼ばれました。

さて帰るぞ!べん兵衛さん!!








f0129466_132221.jpg
そして駐車場に入れる前にパチリ。

かっちょえ~ねぇ…






おかえり。
[PR]

# by dai-nichan | 2007-04-20 13:27

山鹿!!

13、14日の2日間にわたって温泉町『山鹿』にてお仕事してきました。

玄海竜二特別公演 in 山鹿八千代座!

オイラがここで何をするかっていうと…

やっぱギターひいてます

玄海さん、役者さんですから勿論お芝居がメインの公演ですが、
そのお芝居の前に、踊りのステージをされたりします。
その出し物のひとつとして、『唄』があるんです。
それで『アコギ1本で歌いたい』とのご希望により横で弾かせて戴いてる
ってことです。

んでギターちょぴっと弾くだけですので、いろいろと時間が出来ちゃって…

本番前にうろうろして…

f0129466_10361417.jpg
















Tシャツゲット。

山鹿ですから、お解かりでしょうが…
胸元アップ!!

f0129466_1038263.jpg
















ベタや~

そして更にヘンなのゲット。
初めて見ました。

f0129466_104026100.jpg



Cobraて!!


←両
←ギ
←リだし~。







かっこいい。渋い。ずっとKOOLだったんだけど、
乗り換えたいくらいクールなデザインじゃ。

山鹿でなんか素敵なもんゲットできたなぁ。
燈篭Tシャツは県外で着ることにしよう。
Cobraは見つけたら買おう。

仕事が終わって帰ってきて発見。
おやじ宛てに…
ケーシー高峰さんからハガキが!!

宛名はひらがなで
さとうすすむちゃん
って書いてあります。

この初夏ころに公開になる映画新あつい壁のロケでおやじは
『方言指導』をやりました(エキストラ出演もあり)。
ハガキの本文をお見せするわけにはいきませんが、撮影当時の思い出話
が書いてありました。

で、ハガキとはいえ最後にはやっぱり
f0129466_10582754.jpg







グラッチェ。







はい、拍手!!
こういうの嬉しいですよね。

それからもうひとつ仕事がありましたのでアパルサーで出掛けて

信号停車時に発見。
f0129466_1154141.jpg

誰か乗ってない?

爺さんが軽トラの荷台で…

憂いの表情。
黄昏。
少し切ない絵です。





この2日間はいろいろあったなぁ。
楽しすぎ!!
[PR]

# by dai-nichan | 2007-04-15 11:13

しばしの別れ

いよいよやってまいりました。

しかもツアー前に。

車検!!

さぁべん兵衛さん、しばしの別れだがすっきりして帰ってくるんだよ

f0129466_16402357.jpg
















いざ出発!!
やる気にさせるハンドルとインパネです。


石「らっしゃい!」
f0129466_1643481.jpg
















アパルーサ店長、石黒さん。
しかもドラマー。

ミュージシャンとしてのオイラをとても可愛がってくれてます。

ちなみにアパルーサというお店は、BMW M3専門のお店ですので、
べん兵衛さんも陳列してみました。

f0129466_16473969.jpg












すげぇ、6台あるうち4台がBMW、しかもE30!!
さらにBMW以外はメルセデスとポルシェ!!
べん兵衛さんは左から4番目、すなわち右から3番目(あたんみゃー)。
うむ、やっぱべん兵衛さんが一番イイ。

いらん説明を。
いちばん左のがマテスエンジンのE30。なんさま速いそうです。
その次、売り物のE30は325のMテク。べん兵衛さんのアニキ分。
メルセデスをおいて、べん兵衛さん。E30・320のMテクです。
ポルシェを挟んで…
年式や色もべん兵衛さんとまったく同じ、お店のお客さんのMテク。
これも車検で来てました。

1週間かけて車検、整備されて帰ってきます。
楽しみ~(^^♪

その間の代車…
アパルーサの~…

f0129466_1704991.jpg
















パルサー

…アパルーサのパルサー…

アパルサー(恥)

1週間お世話になりますよ!パルサーくん!
キビキビ走る、なかなかのやり手です。
さて、黄砂で汚れてるので洗車してあげよう!!
[PR]

# by dai-nichan | 2007-04-11 17:10

新婚旅行!!

東京から新婚旅行でやってきた良光夫妻。
説明不要なくらい100%お世話になっとる人です。

良光おっちゃんの奥様、りかちゃんとは初対面でしたが、
すぐに打ち解けました。
そしてりかちゃんのリクエストとして

「おいしい熊本ラーメンとタイピーエンが食べたい」

というわけで、手軽で美味しく、しかもあまり知られていない
隠れた名店へ連れて行きました。

f0129466_21173375.jpg
















よか笑顔!

それからべん兵衛さんに乗せて…

良「水前寺公園と熊本城に行きたい」
ダ「ずいぶんオーソドックスじゃないすか?」
良「押さえるとこは押さえんといかん」
ダ「確かにそこ逃したら熊本市内にはなんもないかも」

ってことで水前寺公園に送ってって、
自分は仕事があったのでいったん帰りました。

夕方タケルも合流。
もともとタケルの知り合いからの関係だけんね、はずせん。

f0129466_22471271.jpg

















さぁ、晩飯!!飲むぞよ!!!

…てゆーか

f0129466_22482921.jpg
















赤霧島、ラッパかい!!


西銀座通り、『とり國』!!!
熊本に来て、宮崎地鶏…まぁよかろ?めっちゃくちゃ旨いけん!!
ここはお奨めよ!

f0129466_22521639.jpg
















っつか、やっぱり食べてしまってから撮影漏れに気付く。
ホンモノは実際食べに行ってから見てくだされ、悪しからず。

マジ旨い。

それから二次会、三次会へと流れ、
楽しい時間はあっという間に終わりました。

ちなみにお二人仲良さそうなショット

f0129466_2256257.jpg
















タケルくん、手前からヒュ~ヒュ~って言いながら写メ。

翌日、新婚旅行の続きを鹿児島で満喫しながら…

f0129466_22592019.jpg
















やっぱりラーメン食ってる…

これからもよろしくです!
[PR]

# by dai-nichan | 2007-04-10 23:00

洗車しました!!

はい、ライブの疲れも引っ張りつつ、
ライブ翌日が外出の仕事とかない限り
たいていは趣味の時間を作ります。

今日はそれが洗車の時間にあてられました。

昨日の大雨ですっかり汚れてたし、ここ数ヶ月WAXをかけてあげてない
というのが気になっていて、ついに。

f0129466_15124251.jpg
















先ずは水洗いとシャンプー。

今日は暖かいので水が気持ちいいです。
この作業は序盤ですから、とにかく黙々と。

それから、拭き上げます。
専用のセームでキレイに!

f0129466_15174663.jpg
















この作業は比較的ゆっくりと…

…『世界の中心で、愛を叫ぶ』が『セカチュー』なら
   『ピカイの中心で、愛を叫』んだら…
や、やめてしまえ!くだらない!

などと考え事をしながら作業するのです。

この後は窓ガラスに撥水剤を塗って、乾くまでの約5分間で一服。
突然近所のばぁさんが目の前を通ったりして、とりあえず隠れたりもします。

f0129466_15281299.jpg
















ドイツのクルマはとにかくホイールがすぐに汚れる!!
ブレーキパッドが国産車とは材質などが違うもんで、
いわゆる「ブレーキダスト」がくっつくんよね。
洗車場に行って、クルマ洗って帰ってきたら既にちょっとだけ汚れてる
ってくらい、すぐに汚れます。
しかもこのホイール、ご覧の通りメッシュですもん、
毎回これが大変。一つ一つの穴を全て専用スポンジとクリーナーで
お掃除していくんです。しかもタイヤは4本ですし。
しかしキレイに見えるクルマって、必ずホイールやタイヤがピカピカだもんね。
ここは怠れません。

f0129466_1537348.jpg
















さて、ここまできてようやくWAXの作業に入ります。

ダーク&メタボリック

…と我が家のテナントの豚カツ屋さんが現れて…
『今度お持ち帰りのカツサンド始めるんですよ~』なんつって話しかけてきます。
最近ちょっとした有名店なんです。
カツサンドって、カツをパンで挟んだアレですから、およそ見当はつきます。
しかし、挟まれるカツへのこだわりはもちろんですが、パンやソースにも
こだわりぬくそうです。通常の豚カツと、カツサンドではソースが全く違うそうです。
深いね~。

話をしながらWAXを塗りヌリ、ほどなく豚カツ屋さんはお店に戻られました。

そしてまた考え事をするのです。

…そういえば『愛を叫ぶ』の行はなぜ割愛されてしまっているのか?
  およそそこがテーマではないのか?
  A型だけに気になるところではあるが…
…略するといえば『ケンタッキーフライドチキン』は東京では『ケンタ』、
  それが熊本では『ケンチキ』。
  東京で略されるものはアタマの響きが重要視されるのか…
  う~ん、それにしても『ロッテリア』は東京で『ロッテ』、熊本では『ロッテリ』…
  あぁぁ…なぜ最後の『ア』だけなくなるのか?そんなに『ア』って付けるのが
  面倒なのか?
  じゃぁ『マクドナルド』は『マクドナル』で。

と、そこにさっきの豚カツ屋さんが現れ、なんとカツサンドの試食品を
持ってきてくれました!
おいしいぞ!!かなりおいしいぞ!!
いろいろと感想を述べているうちにWAXも乾燥。

いよいよ最後の磨きを入れて完成です。

f0129466_1605620.jpg
















↑↑
どうよ!!この輝き!!!
そしてタバコに火をつけ、一服しながら、磨き漏れのないかをチェックしつつ
愛車を眺める。

これが洗車の醍醐味っすよ。うとぅくてぃ~~

クルマがキレイになると、ちょっと乗りたくなります。
さてケンイチロウせんせのとこにでも行ってみよかな~
そして帰ったらお仕事に戻るのです。

ただ今うちの駐車場はこのようになってます。

f0129466_16122425.jpg
















↑                    ↑
泣く子も黙るE/F号         愛車べん兵衛さん

両者ともかなり目立ってます。
今度は鮫ンバー全員でE/F号の洗車をしようかな。
[PR]

# by dai-nichan | 2007-03-25 16:15

今日は…

f0129466_12501264.jpg




昨日、一昨日と全くアップしてないけん…

今日は仕事の合間にやる『洗車』を!!

もちろん手洗い!!
[PR]

# by dai-nichan | 2007-03-25 12:50

いよいよ

メンバーブログのスタート!!!
いろいろ好き勝手に書いてやるぅ~~っ!!

f0129466_2272860.jpg





ナイスデザイン!!
[PR]

# by dai-nichan | 2007-03-22 22:08